永山絢斗主演、連続ドラマWは“AV業界”が舞台

2014.4.3 10:27配信
永山絢斗

AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台にした、社会派エンターテインメントドラマ『モザイクジャパン』が5月18日(日)よりWOWOW連続ドラマWで放送される事が発表された。永山絢斗が主演し、『Woman』『Mother』でタッグを組んだ坂元裕二が脚本を、水田伸生が演出を手がける。

WOWOWが独自に展開するドラマ製作プロジェクト“連続ドラマW”では、これまでに自動車業界(『空飛ぶタイヤ』)や製薬業界(『パンドラ』)、食肉偽装問題(『震える牛』)などを描いてきたが、今作は“AV業界”をテーマに人間心理や社会問題について深く切り込むという。

ドラマは、リストラされ帰郷した主人公(永山)が、アダルトビデオを中心にさまざまな事業を手掛ける新鋭企業に再就職を果たし、セックス産業で潤う田舎の街を舞台に、破滅、成功、絶望、快楽のすべてを経験していく様が描かれる。

脚本を手がける坂元は「このモザイクを消せないものか。テレビ番組作りの原点とは、誰もが興味を持っているけど、誰も知らないことを、誰でも見れる場所にさらけ出すことと考え、アダルトビデオの世界で取材を重ねました。モザイクとは何か、モザイクの向こうには何があるのかないのか、モザイクをかけているのは誰か、そんなことをこの物語の中で考えていただければと思います」と語り、演出の水田は「WOWOWドラマに初挑戦する。困っている。脚本が私の力量を超えている。私は、坂元裕二さんとWOWOWに鍛えられている」とコメント。

永山は「主人公・常末理市が、帰郷し親しかった人々の変化に感じる葛藤や、AV業界で仕事をしていく上で生まれる失望感、恋愛を交えて出る向上心などを誠実に演じたいと思っています。そして素晴らしい脚本に色を付け、自分で自分にかけてしまっているモザイクを取り除くことが出来たら、僕も少し成長出来るかもしれません」と話している。

『モザイクジャパン』
5月18日(日)スタート(全5話)
WOWOWプライムにて毎週日曜夜11:00
※R15+指定相当

いま人気の動画

     

人気記事ランキング