ソニー、明暗部の表現力を高めたホームシアタープロジェクター「VPL-HW55ES」、価格を抑えた「VPL-HW35ES」も

2014.4.17 19:39配信
VPL-HW55ES(左)とVPL-HW35ES

ソニーは、家庭で手軽に高画質映像が楽しめるフルHDホームシアタープロジェクターの新製品として、コントラスト比を向上し、明暗部の映像表現力を高めた「VPL-HW55ES」と、基本性能はそのままに価格を抑えた「VPL-HW35ES」の2機種を、5月31日に発売する。

劇場用デジタルシネマプロジェクターが採用している独自の反射型液晶デバイス「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」で、コントラストや応答速度にすぐれ、メッシュ感の少ない映像を実現。また、4K対応ホームシアタープロジェクター「VPL-VW1100ES」「VPL-VW500ES」が採用する超解像技術「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を、フルHD用に最適化して搭載した。入力映像をリアルタイムで解析・分類して、データベース上の最適な画像と照合し、映像データの編集や伝送で失われた情報を復元することで、オリジナル映像本来の質感やディテールを忠実に再現する。

光の利用効率にすぐれた「SXRD」の採用や、光学部品の見直しによる光学経路での損失の抑制によって、色の再現性を損なうことなく、1700lm(ルーメン)の高輝度を実現。高輝度を生かした高品位な映像を楽しめる「ブライトシネマ」「ブライトTV」モードを備える。

このほか、垂直方向71%、水平方向25%のレンズシフト機能で、幅広いセッティングに対応。3D視聴用のLANケーブル配線がいらない「3Dシンクロトランスミッター」を搭載する。約21dBの静音設計なので、静かな映画のシーンを堪能できる。

映像入力は、コンポーネント入力×1系統、D-sub15ピン×1系統、HDMI入力×2系統を備える。サイズは幅407.4×高さ179.2×奥行き463.9mmで、重さは約9.6kg。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

「VPL-HW55ES」は、映像の解析によってランプから投写する光の量を明るさに応じてアイリス(絞り)で自動制御する技術と、ピーク時の白と暗部の階調表現を最適化する信号処理を複合した「アドバンストアイリス3」を搭載する。

ダイナミックコントラスト比を最大で120000:1に向上し、同一画面上で暗い部分の滑らかな階調表現と明るい部分のピーク輝度の高さを両立し、白の輝きと美しい黒の沈みを楽しむことができる。

税別価格は、「VPL-HW55ES」が34万5000円、「VPL-HW35ES」が24万5000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング