夏公演目前!テニミュのメンバーが運動会で真剣勝負

2014.4.28 21:40配信
ミュージカル『テニスの王子様』春の大運動会 2014 (c)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト(c)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会 ミュージカル『テニスの王子様』春の大運動会 2014 (c)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト(c)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

同名コミックを原作にした人気ミュージカルシリーズ『テニスの王子様』。今夏は『全国大会 青学vs立海』を上演予定だが、これに先がけて4月26日、横浜アリーナでシリーズの出演者総勢64名による「春の大運動会」が開催された。

ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海』チケット情報

大歓声に迎えられながら、キャストたちはそれぞれ自分が演じるキャラクターになりきって登場。主人公・越前リョーマ(小越勇輝)が所属する青学をはじめ、ライバル校の生徒たちが紅白それぞれに分かれて勝負。ファンもお目当てのキャストにあわせて紅白に分かれて応援、本気モードで競技するキャストたちに熱い声援を送った。

2回戦の二人三脚でぶっちぎりだったのが越前リョーマ・手塚国光(多和田秀弥)ペア。ゴール後のインタビューでリョーマが「青学の柱になります!」と宣言すると手塚は「お前は青学の柱になれ!」と掛け合いファンサービス。応援合戦では各チーム歌とダンスで勝負。「男の色気で勝負だ」と意気込みながら「エクスタシー」を披露した白組に軍配が上がった。目玉の紅白対抗リレーでは一等のアンカーだった白組の氷帝学園・跡部景吾(青木玄徳)が観客席からの跡部コールに応えて「お前ら、だまって俺についてこい」とファンを沸かせる。

【結果】
1回戦 紅組175点 白組90点
2回戦 紅組115点 白組170点

1回戦は紅組が制したが2回戦は白組が大きく巻き返した。勝利のトロフィーを手にした白組の立海・幸村精市(神永圭佑)は「全員揃った白組は強い」(1回戦は跡部が不在だったため)と叫びながら、「青学との勝負は今年の夏に決着をつける」と青学vs立海公演へとファンの期待をあおった。

「ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海」は7月12日(土)から27日(日)までTOKYO DOME CITY HALLにて。さらに、大阪、宮城、福岡、愛知でも上演後、凱旋公演として再び東京に戻ってくる。チケットの一般発売は6月8日(日)午前10時より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング