【音楽】アイドルを周回遅れにするAira Mitsuki×Saori@destinyの最先端感

日本のアイドル&ガールズポップシーンで常にエッジ感を追求する事務所・デートピア所属のふたりが組んだ最先端クラブ×ガールポップを紹介。

おはようございます!今回も鈴木妄想の研究を始めさせていただきます!今回はですね、いわゆる「ご当地」「ローカル」ものをちょっとお休みいたしまして、やはり日本のガールズポップなのですが、もうなんと言いますか、その最先端、キワキワの部分を攻めているアルバムを御紹介したいと思います!それがこちら、ドン!Aira Mitsuki×Saori@destinyによる「×~PARK OF THE SAFARI」でございます。

『×~PARK OF THE SAFARI』
Aira Mitsuki×Saori@destiny
2,600円

セブンネットショッピングで見る
タワーレコードで見る

 




このアルバム、Aira MitsukiとSaori@destinyという、ソロアーティストのコラボ作品、という形を取っています。ちょっと今作の代表曲を御紹介しましょう。まずは「WOWTOWN」です。この曲、もんのすごくいいですよね。現在の日本のアイドルポップス、ガールズポップスシーンでは、かなりファンク感のある音が流行しておりまして(東京女子流なんかは代表ですね)、そのトレンドを見据えつつの楽曲だと思います。さらに言えばこの曲、フランスのトラックメイカー(ダフトパンクの人のレーベルからリリースしているBreakbot)によるマイケル・ジャクソンを意識しまくった曲「Fantasy」をかなーり大胆に再解釈してヴォーカルを載せている、というような、クラブミュージック文脈の上に成り立っている曲なのです!


さらにもう一曲御紹介しましょう、こちらは「PANAMA」という曲なんですが、意識していると思われる元ネタがJAMAICAというアーティストによるもので、ジャマイカとパナマ…もう、完っ全に狙いに来てると思うんです!こういう遊び心というか、引っ掛けに来てる!という感じが、個人的には結構好きなんです(笑)。同時に、こんな攻め方をしていながら、ガールズポップスとしての爽やかさがある、というのも面白いと思うんですよね。


このアルバム、ファンク感、生楽器感のある楽曲だけではなく、Aira MitsukiとSaori@destinyがこれまでリリースしてきたような、ハードなエレクトロポップもしっかりと収録されています。比較的シリアスでジワジワと盛り上げるシンセが印象的な「Discovery」と、開放感と疾走感のあるライブ定番曲「Special LINK」がその代表でしょうか。




実はAira MitsukiとSaori@destinyの二人とも、鈴木妄想は2007年のデビューからチェックし続けているのであります。この二人が所属している事務所はデートピアと言いまして、以前はハレンチ☆パンチというグループが所属していたのでアイドルにお詳しい方ならご存知かと思います。ともかくなんと言いましょうか、時代の最先端を行き、そして世間がついてこようかというところではもう次に行っている、という稀有な事務所さんです。KARAの作曲家として、日本のアイドルでもbump.yなどを手がけているSweetuneチームを、いち早く迎え入れたのがAira Mitsukiの「LOVE Re:」でした。このミニアルバムリリースのタイミングで、私こと鈴木妄想をUST番組に呼んでくださったのも他ならぬデートピアさんなのです。その節はお世話になりました!


Aira Mitsukiは2007年の歌姫オーディションをきっかけにデビュー、テクノポップな楽曲を中心に数多くリリース、リキッドルームでのワンマンライブもかなりの回数開催しています。もう一人のSaori@destinyも活動を開始したのは2007年。当時まだ活況を呈していた秋葉原のストリートライブがすべての始まりでした(そして、その最初期によくストリートライブを見に行っていました)。初期はAKB48のカバーをしたりと、いわゆるアイドル路線を志向していましたが、徐々にテクノポップ系、さらにはかなりハードなエレクトロハウスサウンドに移行していき、ダンスやパフォーマンスもかなりイメージチェンジしていきました。バックに二人のキーボーディストが加入したのも大きいですね。最近のキラーチューン「I can't」のパフォーマンスは、鬼気迫るものがあります。素直にかっこいい!


リリースイベントの最終日にもお邪魔しましたが、ハードにダンスしまくるSaoriとマイペースなAira、華を添える二人のダンサー、そしてキーボードの上に立ってまで煽りまくるキーボーディストという豪華な編成で、コラボアルバムからの曲や、上で御紹介した「I can't」をパフォーマンスする二人に、この5年間の集大成を見るような気分になりました。Perfumeがブレイクした後に起きた、いわゆるテクノポップブームごろにデビューし、ブームが沈静化したあとも、この二人はダンスミュージックにこだわったリリースをしてきたことも特筆すべきだと思います。

やはりデートピアの方向性、ということになるのでしょうか。楽曲にクレジットされている名前は、社長のTerukado氏を除けばかなり匿名性の高い謎のクリエイターになっていますが、聴いていただければわかるように、そのクオリティは非常に高いのです。アイドルライブ的な盛り上がりとは一味違った、クラブフロア的な陶酔と覚醒をもたらしてくれる楽曲たち、さらには海外のダンスミュージックもしっかりと追っていたりして、本当にファンでございます。そしてAiraもSaoriもそれぞれに違ったかわいさを持っている女の子ですし、なかなか得がたい存在になっていると思うんですよね。

この二人のコラボレーションは2011年いっぱい、ということでしたが、もったいない!コラボアルバムのオビには「アイドル周回遅れ!」なんて刺激的なフレーズもありますが、テクノポップムーブメントに固執することで、周回遅れからちょっとシーンの先を行く、というような独特な立ち位置にいるという意味なのかもしれません。AiraとSaoriの二人に、さらに事務所の新人、みなめろ(c)をメンバーとして加入させて3人組に再編!二代目ハレンチ☆パンチとして現在のアイドルシーンに殴りこみ!なんていうのは安直すぎますが、いやはや、現在のシーンの中で唯一無二の存在となったデートピア勢、今後ともその動向に注視していきたいと思います!

【Aira Mitsuki今後のスケジュール】

◆tokyo eleport -New Year Special-
日程:1/13(金)
会場:asia
時間:開場/開演 17:30/21:00
料金:前売り3,000円(ドリンク別)
出演:Aira Mitsuki/CANDLES/A-bee/DJ Tacomimi ( immi + GHQ )/他

※詳しくはこちらで確認できます。

【Saori@destiny今後のスケジュール】
◆ 愛と希望と勇気の日
日程:1/14(土)
会場:morph-tokyo
時間:開場/開演 17:00/17:30
料金:前売り3,500円(ドリンク別)
出演:Saori@destiny/AZURE/辛美美佳/水越結花

◆Saori@destiny ワンマンLIVE in Glad
日程:1/22(日)
会場:渋谷Glad
時間:開場/開演 19:00/19:30
料金:前売り3,500円(ドリンク別)
出演:Saori@destiny

※詳しくはこちらで確認できます。 

1977年横須賀市生まれ。ライター/ブロガー。2004年からはてなダイアリーにて、ブログ「鈴木妄想なんじゃもん」を開始。日本各地・アジア各国のアイドルシーンやサブカルチャー/ポップカルチャーについて独自の視点で語り続ける。著作に「新大久保とK-POP」(マイコミ新書)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング