映画『GODZILLA ゴジラ』がついに完成し、お披露目

2014.5.9 15:15配信
『GODZILLA ゴジラ』ワールドプレミアに登場したアーロン・テイラー=ジョンソンと渡辺謙

日本が産んだ怪獣映画の大傑作をハリウッドで新生させた『GODZILLA ゴジラ』がついに完成し、現地時間8日にアメリカのドルビーシアターでワールドプレミアが行われた。会場には出演者のアーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、ギャレス・エドワーズ監督が登場し、沿道に集まった2000人超のファンが歓声をあげた。

その他の写真

本作は、世界中にファンをもつ怪獣“ゴジラ”を、最新のVFXで描き出す超大作。これまでで最大の108メートルのゴジラはフルCGでスクリーンに描かれる。妻の南果歩と共に会場に姿を見せた渡辺は「ファンの息吹、熱さを感じますね。(映画を観たお客さんが)どういうリアクションをするか楽しみです」と言い、日本語吹替版でボイスキャストを務めることからゲストとしてプレミアに招待された佐野史郎は「(映画は)なるべく事前に情報を入れないようにしていたので楽しみです。日本とアメリカでゴジラを扱うというのは非常に意味があることだと思います」とついに完成した“新生ゴジラ”に期待を寄せた。

会場にはゴジラをイメージした“ブラックカーペット”が設置され、渡辺、ジョンソンをはじめ、エリザベス・オルセン、ブライアン・クランストンらが登場。テレビクルー50台、カメラマン100人以上の取材陣も会場に集まった。

『GODZILLA ゴジラ』
7月25日(金) 2D/3D(字幕スーパー版/日本語吹替版)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング