『WOOD JOB!』伊藤英明、アナに勝ちたい!

2014.5.10 18:25配信
(左から)長澤まさみ、染谷将太、伊藤英明

林業に青春をかける若者を描いた『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』の初日舞台あいさつが10日、東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇で行われ、主演の染谷将太をはじめ、長澤まさみ、伊藤英明、マキタスポーツ、矢口史靖監督が登壇。同日、本作が農林水産省から“緑の特命大使”に任命され、林芳正同省大臣が駆けつけた。

舞台挨拶その他の写真

原作は直木賞作家・三浦しをん氏の『神去なあなあ日常』。矢口監督による徹底したリサーチをもとに、都会を離れ、ひょんなことから林業に従事することになった主人公・平野勇気(染谷)の悪戦苦闘をユーモラスに描く。

「僕自身、思いきり青春した」と達成感を示す染谷は、大臣から任命状を受け取ると「こんな経験は生まれて初めて。いつでもご連絡いただければ、木を切りに行きます!」と意気揚揚だった。

一方、林業のエキスパートを演じた伊藤には、客席から“山猿”コールも。「アナでもなく、お風呂でもなく、この映画を選んでいただき、ありがとうございます。ぜひ、アナに勝ちたい!」と打倒『アナと雪の女王』に決意を新たにしていた。

長澤は以前から矢口作品の大ファンだったといい「参加できて良かった」と感激しきり。マキタは「青春映画であり、気持ちいい下ネタ映画」とアピールした。メガホンを執った矢口監督も「早く皆さんにお見せしたくてウズウズしていた。今は『やったぜ!』という思い」と自信満々。「絶対にヒットさせるぞ」と親指を突き上げた。

『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング