パイオニア、Miracast対応の「BDP-170」などBDプレーヤー2機種など

2014.5.13 11:41配信
「BDP-170」(上)と「BDP-3130」

パイオニアは、BD (ブルーレイディスク)プレーヤーの新製品として、業界初の「音声付き早見再生」機能を搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応した「BDP-170」を6月下旬、「BDP-3130」を5月下旬に、HDMI出力を搭載したDVDプレーヤー「DV-3030V」を7月下旬に発売する。

「BDP-170」と「BDP-3130」は、BDやDVDの音声を聞きながら約1.5倍速で動画再生できる「音声付き早見再生」機能を業界ではじめて搭載。映画やドラマの内容を確認しながら、短時間で見ることができる。

デジタル放送を録画したBDAV形式のBD-R/REや、AVCREC/VRモード/CPRM形式のDVD、AVCHD形式で保存した映像の再生や、USBメモリに保存したWAV/FLAC形式のハイレゾ音源の再生など、多彩なメディアやファイル形式に対応する。

付属のリモコンには、10秒前や30秒後のシーンへ簡単に移動することができる「10秒戻し」「30秒送り」ボタンを備え、見逃した場面や少し先の場面を確認できる。

「BDP-170」は、MiracastとWi-Fi Directに対応。自宅に無線LAN環境がなくても、スマートフォンやタブレット端末と直接ワイヤレス接続することができ、保存した写真や動画をテレビ画面で楽しめる。また、YouTube Send to TVに対応し、YouTube動画を無線LAN経由でテレビ画面で視聴できる。DLNAに準拠し、ネットサークサーバーに保存したコンテンツの再生にも対応する。

再生や停止などの基本操作に対応した専用アプリ「iControlAV5」「ControlApp」に対応。高画質再生機能「ストリームスムーサーリンク」や高音質再生機能「サウンドレトリバーリンク」を備える。3D映像やMPO形式の3D静止画ファイル、SACDの再生にも対応する。

サイズは幅435×高さ58×奥行き250mmで、重さは2.0kg。カラーはブラック、シルバーの2色。価格はオープンで、税別実勢価格は1万6000円前後の見込み。

「BDP-3130」は、サイズが幅360×高さ39×奥行き208mmで、重さは1.2kg。カラーはブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別実勢価格は1万3000円前後の見込み。

「DV-3030V」は、DVDの映像信号を1080pまで高解像化できるアップスケーリング機能と、テレビとHDMIケーブル1本で接続できるHDMI出力端子を搭載したDVDプレーヤー。

市販のDVDやCDに加えて、USBメモリやDVD-R/RWに保存したDivX形式の動画、MP3/WMA形式の音楽ファイル、JPEG形式の画像ファイルを再生できる。また、CPRM対応なので、「1回だけ録画可能」「ダビング10」などの番組を記録したDVDの再生にも対応する。

このほか、DVDの音声を聞きながら約1.4倍速で動画再生する「音声付き早見再生」や、高圧縮の音楽ファイルをCD並みの高音質で再生できる「アドバンスド・サウンドレトリバー」機能などを備える。サイズは幅360×高さ42×奥行き200mmで、重さは1.2kg。価格はオープンで、税別実勢価格は7000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング