LG、4K対応の「55LA9650」など液晶テレビ「LG Smart TV」新製品3シリーズ6モデル

2014.5.21 19:5配信
55LA9650

LGエレクトロニクス・ジャパンは、独自の超高画質を追求した4K対応の55V型「55LA9650」など、液晶テレビ「LG Smart TV」新製品3シリーズ6モデルを5月下旬に発売する。

55V型「55LA9650」は、独自の液晶分子配列によって高発色、広視野角を実現した独自の4K IPSパネルを搭載。3840×2160画素の高精細4K映像のポテンシャルを引き出し、みずみずしい色彩や圧倒的な臨場感が楽しめる。超高画質エンジン「Tru-ULTRA HDエンジン」で繊細な4K映像の魅力を引き出すほか、一般的なハイビジョン放送やDVDコンテンツなどもアップコンバートし、4Kに迫る高画質で映像を映し出す。

2.1ch 5スピーカーの高音質サウンドシステムを搭載。フロントツィーターを備えた20W(10W+10W)の高出力スピーカーに加え、背面に10Wウーファーを内蔵し、迫真のサウンドが楽しめる。

コンテンツを簡単に選択できる新次元のデジタルツール「webOS」を搭載。直感的に使用できるインターフェースで、テレビと一体になるようなシームレスな操作感覚を実現した。リモコンのホームボタンを押すと、視聴している映像の上に多彩なコンテンツがバナー状に並ぶランチャーが登場し、映像を見ながら次の操作ができる。ランチャーの左側には、過去に見たコンテンツを履歴として表示する「ヒストリー」機能を配置し、直前に見ていた映像が再生途中の場合、ワンクリックで続きから楽しむことができる。ランチャーの右側にはインストールしたアプリなどを一覧表示する「マイアプリ」機能を配置。アプリは、頻繁に使用するものを手前に並べるなど、好みに応じて自由に簡単にカスタマイズできる。

上下左右に軽く動かして目当てのコンテンツをポイント&クリックできる「マジックリモコン」が付属。リモコンのマイクに向かってキーワードを話すとネット検索ができる「音声認識」に対応する。また、別売の専用マイク内蔵コミュニケーションカメラ「AN-VC500」を接続することで、指を軽く動かして音量調整やチャンネルの変更、電源オフなどのテレビの基本操作ができる「フィンガージェスチャー」にも対応し、操作性を強化した。デザインは、画面だけを際立たせる極細フレームを採用する。価格はオープンで、税込み実勢価格は31万円前後の見込み。

あわせて、「webOS」を搭載し、極細フレームデザインを採用する1920×1080画素モデルの「LB6700シリーズ」、「webOS」を搭載する1920×1080画素モデルの「LB6500シリーズ」を発売する。税込み実勢価格は、55V型「55LB6700」が20万円前後、47V型「47LB6700」が16万円前後、42V型「42LB6700」が12万円前後、60V型「60LB6500」が23万円前後、32V型「32LB6500」が8万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング