東京ディズニーランドで、夜の新エンターテイメント『ワンス・アポン・ア・タイム』が、5/29よりスタート! 誰もが知っているディズニーアニメの名シーンと、プロジェクションマッピングが融合。絶対に押さえておくべきポイントを7つ紹介します。

©Disney

東京ディズニーランドで、夜の新エンターテイメント『ワンス・アポン・ア・タイム』が、5/29よりスタート! 誰もが知っているディズニーアニメの名シーンと、プロジェクションマッピングが融合。絶対に押さえておくべきポイントを7つ紹介します。


 

1. 史上初のプロジェクションマッピング

メディア向けに公開された、キャッスルプロジェクション『ワンス・アポン・ア・タイム』を取材してきましたので、さっそく紹介したいと思います。

『ワンス・アポン・ア・タイム』は、東京ディズニーリゾート初となる、プロジェクションマッピング技術を使用した、新しい夜のエンターテイメントです。

通常、映像は平面のスクリーンに投影しますが、プロジェクションマッピング技術を用いれば、建物や壁面など、凹凸面や曲面にも投影できます。この技術を使って、なんとシンデレラ城に、ディズニーアニメの名シーンを投影してしまおう、というわけです。

東京ディズニーランドの夜の “名物” と言えば、ナイトパレード『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ』ですが、『ワンス・アポン・ア・タイム』も非常に満足度の高いエンターテイメントに仕上がっています。新定番となりそうですよ。

 

2. 気になる内容はディズニー版「むかしむかし、あるところに……」

気になる内容ですが、そもそも『ワンス・アポン・ア・タイム(Once Upon a Time)』 とは、日本の昔話でいう「むかしむかし、あるところに……」に相当する慣用句です。

つまり、ディズニー版・昔話というわけですね。物語は、「美女と野獣」のミセス・ポットが、息子のチップに語りかけるシーンから始まります。

 

『ふしぎの国のアリス』『シンデレラ』『ピーター・パン』など、誰もが知っているディズニーアニメの名シーンが、プロジェクションマッピング技術により、シンデレラ城に投影されていきます。

が……そこはディズニー、ただでは終わりません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント