伊藤英明、主演ドラマ『罪人の嘘』で極悪弁護士に!

2014.5.29 10:8配信
WOWOW連続ドラマW『罪人の嘘』に主演する伊藤英明

伊藤英明がWOWOW連続ドラマWの新作『罪人の嘘』に主演することが発表された。本ドラマは“人が人を裁く”ことの意味を問う社会派ドラマで、伊藤は勝つためなら手段を選ばない悪名高い高級弁護士を演じる。

『罪人の嘘』は、躍進し続ける悪名高い高級弁護士・笠原卓也(伊藤)の栄光と闇を描いたリーガルサスペンス。主人公とは対照的な正義感を持つ人情派弁護士・楠之瀬正志を滝藤賢一が演じるほか、木村佳乃、中村蒼、筒井道隆、仲代達矢らが出演する。金子ありさ(『ヘルタースケルター』)が脚本を手がけ、瀬々敬久(『ヘヴンズ ストーリー』でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞)が監督を務める。

伊藤は「地上波ドラマでは表現しきれないところを重厚に作っているWOWOWならではのドラマだと思いました。だからこそ、私が演じる笠原も滝藤さんが演じる楠之瀬もすごく魅力的な登場人物に描かれていて、スタッフキャスト一同で真っ向勝負している作品になっています」と言い、「善悪とは何なのか。時代が違えば正義にもなるし、悪にもなるし、だからこそ自分自身の善悪とは何なのだろうかと自分自身も深く考えたので、皆様にも感じていただけたらと思っています」と語った。

滝藤は「同世代で群を抜く人気と実力を併せ持つ伊藤英明さんをはじめ素晴らしいキャスト陣。そして、お会いするのは7年振り。同じステージに立たせていただくのは9年振り。芝居の基礎を骨の髄まで徹底的に叩き込んでいただいた仲代達矢さん。この作品の現場を想像するだけで魂が震えます」とコメント。

連続テレビドラマを手がけるのは初となる瀬々監督は「人が人を裁くこと、司法制度、国家が人を裁くこと、そのことへの疑問。そして、それを自らの問題として抱え原罪を背負った弁護士を主人公とした物語。やりたいと思った。ずっと気になっていたテーマだった。果たしてそれを描き切れたかは分からない。だけど、多くのスタッフやキャストの知恵と勇気も加わって、大きなうねりのような作品になったと信じている」とコメントを寄せている。

『罪人の嘘』
8月31日(日)放送開始
全5話(第1話無料放送)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング