パナソニック、4K/24pアップコンバート対応のHDD搭載BDレコーダー「DMR-BZT665」、トリプルチューナー搭載

2014.6.4 18:31配信
DMR-BZT665

パナソニックは、BD(ブルーレイディスク)レコーダー「ディーガ」シリーズの新製品として、4番組を同時録画できるトリプルチューナーを備え、「4K/24pアップコンバート」や「マスターグレードビデオコーディング」などの高画質技術とスマートフォンなどとの連携に対応したHDD搭載BDレコーダー「DMR-BZT665」を、6月20日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は7万3000円前後の見込み。

スタンダードモデルながら、3基のチューナーを搭載し、スカパーと合わせて4番組の同時録画ができるBDレコーダー。HDD容量は1TB。

4K対応システムLSI「新ユニフィエ」を採用。ハイビジョン領域の色信号補間を経ることなく、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号へアップコンバートし、鮮度が高く自然な質感と立体感に溢れた映像を実現する独自の「4k/24pダイレクトクロマアップコンバート方式」で、市販のBDタイトルやハイビジョン放送などの4K/24pアップコンバート出力に対応する。

独自のビット拡張データの追加記録によって、対応BDの再生時に映画のスタジオマスターと同等の質感豊かな36ビット高階調映像を再生する「マスターグレードビデオコーディング」にも対応する。

録画予約機能は、放送種別、カテゴリ、サブカテゴリ、フリーワード、人名など、さまざまな条件を自由に組み合わせて番組を詳細に絞り込み、関連番組を自動で録画できる新「おまかせ録画」を搭載する。録画した番組は、設定条件を選択することで呼び出すことができる。

DTCP+のリモートアクセス規格に対応しているので、スマートフォンやタブレット端末用の専用アプリを使って、録画番組やリアルタイムの放送をインターネット経由で外出先からストリーミング再生できる。また、インターネット経由で遠隔録画ができるサービス「ディモーラ」にも対応する。サイズは幅430×高さ41.5×奥行き189mmで、重さは約2.1kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング