SoundTouch SA-4 amplifier

ボーズは、Wi-Fi機能を搭載し、パッシブスピーカーと組み合わせてストリーミング音楽を楽しむことができるパワーアンプ「SoundTouch SA-4 amplifier」を6月6日に発売する。税別価格は5万4000円。

独自のWi-Fi機能「SoundTouch」を搭載した100W×2chのパワーアンプ。ボーズの「161」「301V」など、アンプを内蔵していないパッシブスピーカーをつなぎ、ホームWi-Fiネットワークを通じて、インターネットラジオや、PCに保存した音楽ライブラリをワイヤレスで再生することができる。iPhoneやiPadなどのApple製デバイスに入っているAirPlay対応コンテンツを再生することもできる。

独自のデジタル・シグナル・プロセッサ(信号処理回路)を内蔵し、音量レベルに応じて音質のバランスを自動で調整。音量を小さくした際に聴こえにくくなる低音域を自然に調整することで、どの音量レベルでも自然で豊かな臨場感溢れるサウンドを再生する。付属の「SoundTouch controller」によって、プリセットの呼び出し、音量の調整、曲のスキップなどをワイヤレスで簡単にコントロールすることができる。

フィンのついた鋳造アルミニウム製のきょう体は、効率よく放熱し、高出力時も温度を低く保つ。さらに、サーマルコンプレッション回路によって、アンプを加熱から保護し、フロアや棚への設置のほか、壁かけにも対応。インテリアに合わせて自由に設置できる。サイズは幅362×高さ108×奥行き140mmで、重さは5.2kg。カラーはブラック。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます