NECは、ハウステンボスが5月1日に開業した「変なホテル ハウステンボス」内の無人コンビニエンスストア「スマート コンビニ」に、AI技術群「NEC the WISE」の一つで顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した顔認証システムと、購入商品を画像で認識できる商品画像認識システムを提供した。

二つのシステムは、スマート コンビニにおいて、店舗入口の端末による入店者の顔認証、入店時に店舗入口カメラに映る顔と登録された顔の照合・認証、レジで購入商品をカメラで撮影・認識して事前登録した商品画像の照合と購入商品リストの表示、商品購入時の顔認証による購入確認、退店時に店舗出口カメラに映る顔と登録された顔の照合・認証などのシーンで活用される。

NECでは、ホテル業界の省力化ニーズに応えるため、今後チェックインからルームキー、決済、チェックアウトまで一連の手続きなどを顔認証を用いて実現することで、さまざまなホテルの業務省力化に寄与している。今回のシステムは、その第一弾としてハウステンボスに提供することになった。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます