東芝ホームテクノが「石窯ドーム」新モデルを発売

東芝ホームテクノは、過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」新製品として、あたため機能や時短調理を進化させたフラッグシップモデル「ER-SD7000」(税別の実勢価格は17万円前後)、大型ホワイトバックライト液晶「ER-SD5000」(同13万円前後)、オーブン温度300℃「ER-SD3000」(同9万円前後)、オーブン温度250℃「ER-SD100」(同6万8000円前後)を6月上旬から順次発売する。同社では月産台数として、ER-SD7000で5000台、ER-SD5000で3000台、ER-SD3000で8000台、ER-SD100で3000台、合わせて1万9000台を目標に据える。

石窯ドームは、高火力で調理時間短縮を可能にし、すばやく表面を焼き上げ食材の旨みや水分を閉じ込め料理が美味しくできると好評を得ている。今回の製品では、美味しい料理がつくれることに加えて、「時短・省手間」「レパートリーの広がり」といったユーザーの声に対応。ER-SD7000では、毎日の食事のレパートリーが広がり、洗い物も減らせる「時短・省手間」を向上させた。オーブン調理では、生地作りから焼き上げまで通常4時間程度かかるフランスパンが約1時間でできる「お手軽パンメニュー」14レシピと、深さ5cmの独自深皿を使って、切って・混ぜて・焼くだけの「スピード深皿メニュー」8レシピを新たに搭載した。

レンジ調理では、加熱ムラやはじけなど、あたため機能の不満を解消する「おかずあたため」機能を強化。加熱途中の食品が温度上昇で傾いた際に加熱出力を切り替えることによって、食品が硬くなりにくく、はじけを抑え、庫内の汚れにくさを実現している。耐熱ボウルに食材を入れて加熱するだけの「スピードメニュー」も時間を短縮している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます