地雷ワードを発する

付き合いが長くなると、相手に慣れてしまい、緊張感が薄らいで、素の自分になってしまいますよね。相手への気遣いもなくなってしまいがち。

そんな平和ボケしている状態のせいで、つい「鬱陶しいなぁ」「面倒くさい」など地雷ワードを発する危険があります。ついつい言ってしまったひと言なのですが、相手を驚かせるか、傷つける可能性の高いNG行動です。相手を傷つけかねないひと言をついうっかりと洩らすのは気をつけましょう。

 

身の回りに気を遣わなくなる

付き合い初めの頃は、毛穴ゼロの肌を目指し、まつげは長く、目は大きくと、用心深くメイクします。むだ毛が残った肌を見せるなんてあり得ない。デートの洋服にも気をつけて、ダイエットを頑張る…。恋愛初期の女子は、自分自身への気合いの入れ方が半端じゃない。

それなのに、相手に慣れてしまった倦怠期に入ると、常にすっぴん、休日のデートは楽チンな服。ハイヒールなんてあり得ない。むだ毛も、まぁちょっとくらいいっか…。と身繕いが適当になってしまいがち。気を抜ける相手の方が、長く付き合える…とは言いますが、自分に手を掛けないにもほどがあります。相手のためにも、自分のためにも、「まぁいっか…」を続けすぎてはダメ。手を抜いて、おばちゃん化や、ましてや親父化するのは避けましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます