パナソニック、狭額縁を採用したハイビジョン液晶テレビ「ビエラ A305シリーズ」、コンパクトでスリムなデザイン

2014.6.30 17:4配信
ビエラ A305シリーズ (上段)TH-50A305、(下段左から)TH-39A305、TH-32A305

パナソニックは、狭額縁を採用してコンパクトでスリムなデザインを実現し、USB接続HDDへの番組録画に対応した地上/BS/110°CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「ビエラ A305シリーズ」3機種を、7月下旬に発売する。

細くスタイリッシュなフレームを採用したハイビジョン液晶テレビ。本体のコンパクト化によって、軽やかな外観ですっきりした部屋を演出する。

別売のUSB接続HDDへの番組録画に対応。番組表から録画する番組を選んで、録画ボタンを押すだけで録画予約ができる。視聴中の番組は、リモコンの録画ボタンを押せば録画が始まる。

USB接続HDDは8台まで登録でき、LAN経由で接続した「ディーガ」への番組の高速ダビングにも対応している。ただし、シングルチューナーモデルなので、裏番組録画はできない。また、一度に接続できるHDDは1台だけだ。

省エネに配慮した設計を採用。LEDバックライトや、視聴環境や使用状況に応じて自動的に本体や周辺機器を節電する省エネ機能「エコナビ」を搭載する。また、HDMI接続した「ディーガ」をリモコンで操作できる「ビエラリンク」に対応し、別売の「TY-WK3L2R」を使えば壁かけ設置もできる。

ラインアップは、50V型の「TH-50A305」、39V型の「TH-39A305」、32V型の「TH-32A305」の3機種。「TH-50A305」と「TH-39A305」は、フルハイビジョンの高解像度液晶パネル(解像度1920×1080)を採用し、「TH-32A305」は広視野角のIPS液晶パネル(解像度1366×768)を搭載する。

価格はいずれもオープンで、税別の実勢価格は、「TH-50A305」が13万5000円前後、「TH-39A305」が7万7000円前後、「TH-32A305」が5万7000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング