『ミス・サイゴン』でヒロインを演じる3女優の思い

2014.7.10 17:10配信
笹本玲奈、知念里奈、昆夏美 撮影:源賀津己 笹本玲奈、知念里奈、昆夏美 撮影:源賀津己

ベトナム戦争を背景に“究極の愛”を描くミュージカル『ミス・サイゴン』。日本でも1992年以来上演を重ねる人気作だ。作中では様々な愛が登場するが、アメリカ兵クリスへの純愛を貫き、その間に生まれた息子へ無償の愛を注ぐのがヒロイン・キム。今年、そのキムを演じる笹本玲奈、知念里奈、昆夏美の3人に話を訊いた。

『ミス・サイゴン』チケット情報はこちら

キム役はミュージカル女優が憧れる役のひとつ。この役を、笹本と知念は2004年から演じている。「本当に大変な役。ひとつのシーンを終えて舞台袖に帰ったときの脱力感は、他の舞台にはないものがあります。しかもキーがすごく高い。でも音楽がその気にさせてくれるし、その気になればその音が出る。感情と音楽がピタっとはまるんですよ」と笹本が言えば、「これ以上大変な役はあるのかと思うくらい。毎回これが最後と思って演じるのですが、終わるとやり残したことがある気がして、もう一度挑戦したいと思ってしまうんです」と知念も話す。だがともに「自分にとって大事な役」とはっきり口にする。

ふたりが演じるキムを客席で見ていたのが、今回初出演する昆だ。「最初に観たのは高1の時。1幕が終わって立てなくなるという経験を初めてしました。キムのキャラクターにも圧倒されたし、演じている女優さん…つまりおふたりなんですが、その歌唱力、表現力、すべてに圧倒された。そんな経験をした舞台に自分が立つのはまだちょっと信じられませんが、だからこそ頑張りたいです」。

2012年には演出が一新され、サイゴンの町の匂いまで伝わりそうなリアルな舞台は大評判を呼んだ。今年は5月の本場・ロンドンでの新演出版開幕を受けさらにブラッシュアップされる。「新演出版は本当にいい評価をいただきました。でも描かれている普遍的なテーマは演出が変わっても同じ。それぞれの立場の愛や正義があり、悪い人なんてひとりもいない。戦争が起こしてしまった悲劇を伝える使命が私たちにはあると思います」と、作品の芯の部分を知念が語れば、笹本も「新演出になってベトナム戦争というものに一から向き合い、大きなテーマをすごく感じるようになりました。母の愛や戦争の無意味さというものは…いつの時代も変わらないと思います」と頷く。

最後に3人が思い描く“キム像”を聞いた。「演出家に言われているのは、タフであること、自分を哀れまないこと。まずはそこをしっかりやりたい」(昆)、「私は同じ母親として彼女を尊敬します。子どもを守っていくというのは現代に生きる母親も同じ。そこを大切にしたい」(知念)、「キムはたぶん都会に出るまでは、緑がたくさんあって、親戚家族が一緒に住んでいて、愛情いっぱいに育った子だと思うんです。私も家族の仲が良い環境で育ってきたので、そういうところが自分の考えているキムに繋がっていけたら」(笹本)。「3人、全く違いますよ」と知念が話すように、同じ方向を向きながらもそれぞれのキムがしっかりと地に足をつけ、息づいている。三者三様のキムが花開く7月の開幕をお楽しみに。

公演は帝国劇場にて、7月21日(月・祝)にプレビュー開幕。東京公演は8月26日(火)まで。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング