“年男”阿部寛「今年は裸に」新年の抱負を語る

2012.1.16 15:5配信
『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』完成披露試写会に登壇した阿部寛、新垣結衣

俳優の阿部寛が15日(日)、都内で行われた主演最新作『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』の完成披露試写会に共演する新垣結衣、田中麗奈、松坂桃李、三浦貴大らとともに出席した。阿部は辰年生まれの“年男”。春には人気コミックを映画化した『テルマエ・ロマエ』の公開も控え、「今年は裸になったり(笑)、いろんな役に挑戦させていただくので、恥ずかしいことも緩めずにやっていきたい」と新年の抱負を語り、さらなる飛躍を誓った。

その他の写真

東野圭吾の“加賀恭一郎“シリーズ最新作を、『新参者』『赤い糸』とドラマで加賀を演じた阿部主演で映画化。ある男が胸を刺されたまま8分間、歩きつづけ、翼のある麒麟像のそばで息絶えた。容疑者は現場から逃走するも、車にひかれ、意識不明に。その恋人は事件を担当する加賀恭一郎に、泣きながら無実を訴えるが……。阿部は「恥ずかしがったり、遠慮してしまい、伝えなければいけないことを、いつの間にか伝えられないこともある。映画を通して、そんな大事な思いに気づいてもらえば」と家族がテーマになった本作をアピールする。

容疑者の恋人を演じる新垣と、被害者の息子を演じる松坂はともに1988年生まれの辰年。「今年は食生活を改めたいです。好きな食べ物を挙げると、体に悪い動物性の脂を使ったものばかりなので。野菜をとったり、運動したり、中身からきれいになりたい。(体の)中はドロドロしている」(新垣)、「いろんな仕事ができるよう、日々精進したい。風邪ひかないように頑張りたいですね」(松坂)とこちらも“年女”“年男”の誓いを立てていた。

「今年は本厄なので、年男、年女の皆さんにあやかりたい。役(厄)がつくから、役者にとってはいいとも聞きますが」と語るのは田中。阿部から「そういえば、僕も本厄の年に“結婚できない男”を演じましたよ」と当たり役にまつわる思い出を聞かされ、「じゃあ、私は“結婚できない女”を…」と安どの表情を浮かべていた。

『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』
1月28日(土)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング