高田純次、美女からキスの“報酬”受け取りデレデレ

2012.1.16 15:2配信
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』イベントに登場した高田純次

タレントの高田純次が1月15日(日)、都内で開催されたスパイコメディ映画『ジョニー・イングリッシュ/気休めの報酬』のPRイベントに出席した。

その他の写真

“Mr.ビーン”でお馴染みのローワン・アトキンソンが、スパイに扮して珍騒動を繰り広げる本作。高田は劇中に登場する英国情報部(MI7)の日本支部長(コードネーム:気休め部長)に就任し、テレビスポットのナレーションを務めたり、動画で年賀コメントを発表したりと宣伝活動に勤しんでいる。本気か、はたまたテキトーか。この日も「まぁ、映画は面白かったと思いますよ。本当は他の映画を宣伝してもいいんですけど」と高田節が全開だった。

2003年に公開され全世界で1億6000万ドル以上の興行収入を記録した『ジョニー・イングリッシュ』の第2弾。アトキンソン演じる無責任なスパイのジョニーが、中国首相の暗殺計画を阻止すべく、前作以上の“天災”ぶりを発揮する。高田は「ジョニーとの共通点? やっぱり目が2つあって、鼻と口が1つずつあるところ。調子がいいところも似ているかも。そういう答えでいいのかな?」と早速テキトー発言。さらに、ポスターを見つめながら「この人、Mr.ビーンに似てますね」と小ボケをかまし、場内を盛り上げた。

そんな高田は本作の公開日の21日に、65歳の誕生日を迎えるとあって、外国人美女から映画の鑑賞券100枚とキスの“報酬”を受け取ることに。両手に花状態でのキスにデレデレする一方、「チケットを金券ショップに持ち込んだら、いくらになるかな」と皮算用を始める高田だった。

『ジョニー・イングリッシュ/気休めの報酬』
1月21日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング