「QuantuMR特設サイト」のトップページ

東京電力ホールディングス(東京電力HD)とポケット・クエリーズは、発電所や工場などの第一線現場の業務の支援・高度化にMixed Reality(MR)を活用する研究を5月17日から共同で開始した。

今回の研究では、発電所などの現場での多様な業務環境を模擬し、センサー値やマニュアルなどのデータを一体的に可視化したMR空間を構築する。構築するMR空間は、それぞれの環境に対してMRで実現可能な機能の検証を行う。その後、実用性が見込める機能について試作を進め、発電所などの第一線現場で、実務を通した評価を行う予定。

将来的に、MRによる業務が標準化されると、業務の効率化・高度化につながるだけでなく、場所や時間、経験に依存するような働き方そのものが大幅に変わる可能性がある。なお、電力業界でのMRの活用研究は初めての試みとなる。

この研究で得られた知見は、MR活用ソフトウェア「QuantuMR(クァンタムアール)」に反映し、さらなる検証・評価を進めていく。また、将来的には、東京電力グループの発電所などへの水平展開に加え、他産業も含め、さまざまな現場で活用できるよう展開していく。なお、「QuantuMR」のコンセプトや機能、研究成果(MRの業務活用を中心とした情報)は、で順次公開する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます