宝塚雪組トップ、壮一帆&愛加あゆラストステージ

2014.8.4 16:10配信
宝塚歌劇雪組公演『一夢庵風流記 前田慶次』より 壮一帆 宝塚歌劇雪組公演『一夢庵風流記 前田慶次』より 壮一帆

宝塚歌劇雪組東京公演『一夢庵風流記 前田慶次』『My Dream TAKARAZUKA』が8月1日、東京宝塚劇場にて開幕した。雪組トップコンビ、壮一帆と愛加あゆの退団公演。初日に先駆け同日取材に応じたふたりは、爽やかな“仲良しコンビ”らしく、笑顔いっぱいでラストステージへの意気込みを語った。

宝塚歌劇雪組 東京宝塚劇場公演 チケット情報

『一夢庵風流記 前田慶次』は隆慶一郎による人気小説を舞台化したもの。大名・前田利家の甥にあたり、天下の傾奇者として名を馳せた前田慶次の豪放磊落な生き様を描く。みどころのひとつは慶次の愛馬・松風。中に入る“足役”とともに歌舞伎で使用する馬を松竹から借りる。迫力たっぷりに躍動する馬を見事に乗りこなし、豪快な立ち回りもみせる壮は「乗馬経験もありますが、本物の馬とあまり変わらない。でも普通の馬より大きくて(視界が)高いので、最初乗った時は怖かったのですが、稽古を通して慣れました。(中の人も)楽しんでいるようで、松風の勢いも芝居も、どんどんヒートアップしています。私も松風に負けないように魅力満載で前田慶次を演じたい」と語り、本人も楽しんでいる様子。

また、ショーの『My Dream TAKARAZUKA』はひとりひとりの人生にある夢をテーマにしたレビュー。宝塚歌劇100周年に相応しい、宝塚らしさ満載の内容だ。こちらは宇崎竜童と阿木燿子がメモリアルソングを提供していることも話題だが「お稽古場にもいらしていただいて、ご夫婦ですごく感動してくださったようです。宇崎先生は「宝塚に住みたい、とにかくみんな綺麗だ」と仰っていました(笑)。ご期待に添えるよう心こめて一生懸命歌いたい」と壮。愛加も「毎日この場面で、壮さんを中心に雪組みんなで作り上げているというのを実感しています。壮さんと視線を交わすひとりひとりの表情もいい」と話した。

この公演をもって宝塚を去るふたりだが、壮は今の心境を「退団公演ですが、常に意識しているのは次につなげるための公演であるということ。寂しさを感じることもありますが、みんなと一緒にいる時は、その一瞬一瞬を楽しむことが私にとってプラスになる。みんなとの時間をとことん楽しんで、舞台ではお客さまとのコミュニケーションを楽しんでいきたい」とあくまでも前向き。愛加も「こんなに夢がいっぱい溢れた舞台はほかにはない。壮さんとご一緒に卒業できることが本当に幸せ。この気持ちをお客さまに感謝とともにお届けできたら」と笑顔で話した。

宝塚歌劇雪組『一夢庵風流記 前田慶次』『My Dream TAKARAZUKA』東京公演は8月31日(日)まで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング