浦井&柿澤の初共演は福田流コメディミュージカル

2014.8.5 17:40配信
ミュージカル[title of show]より。浦井健治、柿澤勇人. ミュージカル[title of show]より。浦井健治、柿澤勇人.

日本初演となるブロードウェイ・ミュージカル[title of show]が8月1日、東京・シアタークリエで開幕した。人気若手ミュージカル俳優の浦井健治と柿澤勇人が初共演し、映画にドラマにと八面六臂の活躍を見せるコメディ界の雄・福田雄一が演出を手掛ける注目作だ。

ブロードウェイミュージカル『title of show』チケット情報

作品は2004年にNYの演劇フェスティバルで上演され評判となり、2006年にはオフ・ブロードウェイ、2008年からはブロードウェイで上演されたヒット作。自分たちのオリジナルミュージカルを3週間で作り上げ、フェスに応募しようとする青年ふたりと、彼らに協力する女性キャストふたりの奮闘を描くもの。作品の題材に悩んだ彼らは、自分たちがミュージカルを作る過程をそのまま物語にすることを思いつく。つまり、この作品は実話であり、ミュージカル制作の裏側を描いたバックステージものでもある。

ミュージカル界を舞台にした物語ということもあり、作中には新旧の名作ミュージカルの数々やミュージカルスターなど実名がバンバン登場する。翻訳・訳詞も手掛ける福田は、そのオリジナルに出てくる「ブロードウェイでお馴染みのもの」を、「日本ミュージカル界でお馴染みのもの」に置き換えた。近隣の劇場で上演されたばかりの作品や、出演俳優の過去出演作などにもどんどん踏み込み、パロディと内輪ウケのギリギリのラインを果敢に攻める。先ごろ浦井・柿澤がWキャストで主演すると発表されたばかりの『デスノート』の話題まで飛び出した。そんなミュージカル好きがニヤリとする小ネタに加え、意外な角度からの笑いを投げ込んでくるのが福田ワールド。昨今の日本を騒がす時事ネタまで盛り込み、日本版ならではの爆笑ステージが出来上がった。

さらには登場人物も、俳優自身の魅力が反映されたつくりになっている。浦井、柿澤の愛すべきキャラクターが時に強調され、時にいじられる。彼ら自身も伸び伸びと楽しそうに、そして力いっぱいに演じているのが爽やか。ふたりのミュージカル制作に力を貸す女友だちに扮する玉置成実、佐藤仁美もハジけていて、楽しい。

作品はミュージカル愛に溢れたバックステージものである一方で、目標に向かって団結する若者たちの情熱や葛藤を描く青春物語でもある。コミカルなだけでなく、成功の裏で少しずつすれ違っていくやるせなさなどもしっかり伝えているのは、実力派揃いのこのキャスト陣ならでは。楽しさも苦さもひっくるめて、ミュージカルへの愛を高らかに謳い上げる、愛すべきミュージカルが誕生した。

公演は8月11日(月)まで同所にて。その後8月12日(火)に愛知・名鉄ホール、8月14日(木)に大阪・サンケイホールブリーゼでも上演される。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング