【Instagram】もっとオシャレな写真が撮れる! 10種類の「新・写真加工機能」を使い比べてみた

Instagramが6月にアップデートされ、明るさやコントラストなどを微調節できる10種類の写真加工機能が追加されました。今回は、そんな新機能を実際に使ってみて、生まれ変わったInstagramを徹底検証してみたいと思います!

Instagramがアップデートされて、大きく生まれ変わったことにお気づきですか?

これまで、簡単なトリミングと18種類のフィルターなどで編集する、いたってシンプルな写真加工機能を備えたInstagramでしたが、さらに明るさやコントラストなどを微調節できる10種類の加工機能が追加されたのです!

Instagramユーザーの中には、写真の細かな加工作業は別のアプリで……という人も多かったようですが、今回追加された加工機能を使えばInstagramひとつで済ませることが可能! 今回のアップデートでは、本格的な写真加工機能が加わったというわけです。

そこで今回は、そんな新機能を実際に使ってみて、生まれ変わったInstagramを徹底検証してみたいと思います!

 

まずは写真を決めよう!

タイムラインや検索など、写真編集機能以外の操作には大きな変化はないので、今まで通りに操作できます。今回は写真の編集機能について検証してみます。まずは写真を撮影またはカメラロールから選びましょう。

 

 

1.写真を投稿して編集するには、下のメニューの中央にあるカメラマークをタップ。

2.写真を撮影する場合は、中央の青丸をタップ。その上の左、格子のマークをタップすると、撮影画面にグリッドラインが表示されます。これを使えば、海や建物を水平に撮影することができます。その右隣は内側外側のカメラの切り替え、さらにその隣はフラッシュ撮影の切り替えができます。

 

 

3.カメラロールから選択したい時は青丸の左隣の小窓をタップ。カメラロールが起動されるので、写真を選びます。

4.青丸の右隣のビデオカメラマークをタップすると、動画の撮影ができます。赤丸の右隣の小窓をタップして、動画をカメラロールから選択することも可能。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング