【スマホ】アプリは身を助ける!緊急時に役立つ防災もの6選

備えあれば憂いなしといますが、スマホもいざという時に備えて防災対策を施しましょう。緊急時に必ず役立つアプリ紹介します。

東日本大震災から一年が経とうとしています。いま一度、震災に対して気持ちを引き締めていきたいというところです。備えあれば憂いなしとはよく言いますが、スマホもいざという時に備えて、防災対策仕様にしておくのがオススメです。スマホで防災ってどういうこと?と思う方もいるかもしれませんが、アプリには緊急時に役立つものがたくさんあるのです。緊急対策アプリをひとつのフォルダにまとめて、「防災袋」ならぬ「防災フォルダ」を作っておきましょう。

 


ツブエキ Twitter × 駅・路線  ※iPhoneアプリ

緊急時には交通機関の運行状況が大幅に乱れます。どうすればスムーズに帰宅できるのか、判断するためには交通情報を素早く入手しなければいけません。このアプリは特定の駅に関するTwitterのつぶやきを検索し、電車の運行状況に関する口コミ情報を収集できる優れもの。例えば「新宿駅」で検索すると、「いま山の手線外回りが動き出した」など、新宿駅に関してつぶやいたみんなのツイートがリアルタイムにチェックできるのです。口コミだけに情報のスピードが速い!

 


Viber - Free Phone Calls & Text  ※ iPhoneアプリAndroidアプリ

家族や友達の安否を確認するため、電話をかけたけどなかなかつながらない。緊急時にはそんなことがよくあります。Viberは3GやWi-Fiネットワークを通じて、無料で世界中の人と通話ができるネット電話アプリ。通常の電話回線よりも比較的つながりやすいのが特徴。家族でこのアプリをダウンロードして、緊急連絡手段としておくといいでしょう。緊急時でなくても、無料でチャットのやり取りや電話ができるので、入れておいて損のないアプリです。

 


ゆれくるコール  ※iPhoneアプリAndroidアプリ

近くで地震が発生した時、揺れが来る前に少しでも早くその情報を得ることができれば、最低限の備えをすることができます。「ゆれくるコール」はその名の通り、地震の発生を通知してくれるアプリ。通知してくれる震度の条件を設定することができるのも便利です(震度4以上なら通知するなど)。



 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング