竹中&勝俣が映画『長ぐつをはいたネコ』公開アフレコに登場

2012.1.19 18:49配信
『長ぐつをはいたネコ』アフレコを行った竹中直人、勝俣州和と応援にかけつけた猫のプスさん

『シュレック』の人気キャラクターを主役にした『長ぐつをはいたネコ』で、日本語吹替版キャストをつとめるプス役の竹中直人と、卵のハンプティ・ダンプティを演じる勝俣州和が、19日に都内で公開アフレコを行なった。

その他の写真

ふたりは役になりきった衣装で登場し、駆けつけた“プス”が見守る中でアフレコを披露。意外にも声優初挑戦となる勝俣は、ハンプティ・ダンプティを「半ズボンだし、まさしく小学生の僕。監督から毎日ほめられながら、上手くのせてもらった」とコメント。竹中から「完璧にキャラクターになりきっていて驚いた」と言われてると「一生懸命やっただけ、竹中さんがいたからこそできた」と照れ笑い。

本番のアフレコ収録は、ランニングと海パン姿でのそんだという竹中は「色っぽくてチャーミングで、めちゃくちゃカッコイイ」と『シュレック』から、引き続き声を担当する“プス”がお気に入りの様子。「今回は主役ですから、かなり大活躍するし、しゃべる量が多くて、テンションが凄く高かった」とニコニコしながら隣に立つ“プス”を見つめると、勝俣から「日本一ふざけた55歳」とツッコまれていた。さらにこの日は、子どもたちが応援隊としてオリジナルダンスを踊る“長ぐつ隊 ダンスユニット”の結成も発表。隊長は『家政婦のミタ』にも出演した人気子役の本田望結が務め、2月にお披露目イベントが予定されているとのこと。竹中と勝俣は「気合いを入れて、完璧に踊りを覚えたい」と意気込みを語った。

最後に竹中は「夢と勇気と希望、そして美しい友情につつまれた冒険3Dアニメーションです。泣けて笑える完璧なエンターテインメントになっていますから、ぜひ3Dで観てください。ニャァ」とPRした。

『長ぐつをはいたネコ』は、“長ぐつをはいたネコ”ことプスが、シュレックに出会う前の話。彼が相棒のハンプティ・ダンプティと、謎のメス猫キティと共に“黄金の卵”を産むと噂されているガチョウを盗むための冒険を3Dアニメーションで描く。

『長ぐつをはいたネコ』
2012年3月17日(土) 3Dロードショー(一部劇場をのぞく)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング