ナイロン初出演で鈴木杏が見せる新たな顔とは!?

2014.9.5 20:15配信
鈴木杏  撮影:源 賀津己 鈴木杏  撮影:源 賀津己

ナイロン100℃の新作公演『社長吸血記』は、主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)の2年ぶりとなる劇団書き下ろし作品。簡単に内容を想像させてくれないタイトルのこの作品に、鈴木杏が客演する。ナイロンにもKERA作品にもこれが初めての出演。ここのところ映像でも新たな役柄への挑戦が続いている女優は、今回の念願の遭逢にも意欲的だ。

ナイロン100℃『社長吸血記』チケット情報

劇団メンバーとは共演経験もあり、普段から親しく交流している鈴木。もちろんこれまでのナイロン公演も目にしている。「ナイロンの公演にはいろんなテイストの作品があるんですけど、どれも好きです。つかめそうでつかみきれないというところが、KERAさんが書かれる世界にはあるような気がして。演劇に限らず映画でも小説でも、わかることが全てではないと思っているので、そういう意味でも、KERAさんの作品を観ることでしかできない演劇体験があるなと、いつも思っています」。だからこそ、その世界に参加できる喜びは大きい。「とくに劇団の中に入れるので、密な体験ができるんじゃないかと思っています。ナイロン100℃の方たちが持っている間合いや笑いのセンスは稀有なもの。そういうものを勉強させてもらいながら、自分が今までやってきたことではないことが、ここでやれたらいいなと思います」。

ストーリーは、社長を“血を吸うような権力者”とイメージしてつけられた『社長吸血記』というタイトルのもと、とある会社で起こる騒動が喜劇的に描かれるらしいのだが……。「私自身、初体験のことにチャレンジするような話も聞こえくるんですけど、どうなんだろう、全く未知です(笑)。KERAさんからはとにかく、『覚悟しといてね』とだけ言われています。すんなり受け入れてもらえないようなものを書くつもりでいるからと。だから、私も覚悟をして、KERAさんのいちばんの遊び道具になって、できることは全部やるつもりでいます」。今は自分を変革したいという思いが強い。「自分で言うのも変なんですが、私、人からよく真面目だって言われるんです。勉強し過ぎだからと、蜷川(幸雄)さんから観劇禁止令も出たくらい(笑)。だから、もうちょっと肩の力を抜いて、自分を崩してみようと思ってる時期なんです」。混沌としたKERA作品との出合いが鈴木をどう変えるのか。作品内容とともに楽しみにしたい。

9月26日(金)から10月19日(日)まで東京・本多劇場にて。その後、福岡、大阪、新潟でも公演。

取材・文:大内弓子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング