画像は公式サイトより

日本時間の9月10日午前2時。アップルの新製品発表会が開催されました。そこで発表されたのが、新しいiPhone、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」です。

液晶ディスプレイが4.7インチのモデルが「iPhone 6」、5.5インチのモデルが「iPhone 6 Plus」です。液晶サイズが変わっただけではなく、いろいろとブラッシュアップされています。

そこで、iPhone 5sとiPhone 6、iPhone 6 Plusを比較してみましょう。
 

液晶ディスプレイ

まずは液晶ディスプレイから。iPhone 6、iPhone 6 Plusともにサイズアップ。特にiPhone 6 Plusは5.5インチとかなり大きくなっています。

 

その分解像度がアップ。iPhone 6 Plusにいたっては、フルHD表示となっており、動画鑑賞などが快適になりそうです。
 

本体サイズ・重量

お次は本体サイズと重量。

 

iPhone 6とiPhone 6 Plusはかなり薄型化されていますね。大画面のiPhone 6 Plusよりも、iPhone 5sのほうが厚くなっています。重量は大きさに比例して重くなっています。

薄さで選ぶならiPhone 6、軽さで選ぶならiPhone 5s、ド迫力大画面ならiPhone 6 Plusというところでしょうか。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます