アンリです。顔の肌ケアは意識していても、ついハンドケアはおざなりになりがちではありませんか?

開き直ってしまえれば楽かもしれませんが、やはりキレイな手や爪、あきらめたくはないですよね。

自己流でケアをせっせとしているつもりの人、ちゃんと効果は出ていますか?

実は、世に出回るハンドケアやネイルケアの中には、効果が疑わしかったり、皮膚に負担がかかるものも少なくないんです。

この際、生半可ではなく、ちゃんとした知識を身につけ、指の先までキレイな女性を目指しましょう!

びっくり! 知っておきたいハンドケア、ネイルケアの本当

就寝中のハンドクリームと手袋はやりすぎ!?

夜寝る時は、ハンドクリームをたっぷりつけた手に専用の手袋をしているから大丈夫! と思っていたら、大間違いです。特に今の時期にそれをやってしまうと、ハンドクリームの油分と肌の水分が混じり合って湿度が上昇し、もともと肌の上にある菌(常在菌)の大繁殖を招きかねません。

就寝中のハンドケアをするなら、手袋だけでじゅうぶん。その場合、保湿性や静電気の起こりにくいシルクなどの天然繊維を選んでくださいね。

適度な常在菌や皮脂は美肌の必須条件

繁殖しすぎると困る常在菌ですが、適度にないと、逆に潤いがなくなり、カサカサ手になってしまいます。

除菌シートや手指消毒剤を多用していると、雑菌だけでなく、自分の肌や身体全体を守ってくれる常在菌まで殺してしまいます。

また、「肌に優しい」と信じられている石鹸は、実は人間の弱酸性の皮膚を一時的にアルカリ性にしてしまいます。すると、弱酸性の状態を好む常在菌はうまく活動できなくなってしまうのです。

手を守ってくれていた常在菌や皮脂がいなくなれば、慢性的な肌荒れになることも。

潤いのある手を目指すなら、手は洗いすぎず、殺菌剤を使うことは避けましょう。

スクラブ、ゴマージュは使うなら月1で!

人間の肌は、古くなった角質が自然にはがれ、新しい角質が生まれることで、健康な状態を保っています。ですから、市販のスクラブで安易に古い角質を取ってしまうという発想は、あまりに乱暴です。

まだ必要な角質まで取ってしまい、肌は身ぐるみはがされた状態に。

ゴマージュは、ゲル成分を肌に塗って転がすと、汚れを吸着してくれるとうたった商品ですが、ボロボロととれるのは角質ではなく、ゲル成分が固まったもの。この中にどれだけ古い角質が含まれているかは疑問です。

一時的にしっとりしたり、美白になった気がしますが、頻繁に使うものではありません。

セルフネイルは「化粧品」を選んで!

忙しい人の中には、ネイルサロンに行く代わりに、自宅でセルフネイルを楽しんでいる方もいるかもしれませんね。

でも、ちょっと待って。ジェルネイルやネイルポリッシュのなかには、「化粧品」ではなく「雑貨」のものがあります。あまり安価すぎる場合は、そこを疑ってください。

法律で定められた基準をクリアし、許可を受けた化粧品メーカーの「化粧品」のネイル用品と、化粧品として販売していない「雑貨」とでは、成分まで違ったりするのです。「雑貨」のなかには、主成分が接着剤というものもあるんですよ!

ネイル用品をそろえる時は、製造販売会社、内容量、使用上の注意、成分表をよく確認してからにしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます