今年のベースのトレンドはパウダリー イラスト・カマンベール☆はる坊

コスメは大好きだけど、デパコスは少しお値段が張るので買うのに慎重になっちゃう……という方の強い味方が、ドラッグストアなどで購入できるプチプラコスメ。リーズナブルなのにしっかりイマドキなメイクを施せます。

でも、どうすればプチプラコスメでトレンド顔になれるの? という疑問を、メイクに詳しい漫画家の カマンベール☆はる坊さん に教えてもらいました。

今回のテーマは「美人に見えるブラウンメイク2017」。「このメイクに合うファッションはフレンチカジュアル系をイメージしてほしいです」と、はる坊さん。

ハーフモデルのような美人フェイスになれるプチプラコスメを、はる坊さんのイラストと共にご紹介いたします。

1.  ベースは日焼け止め+ルースパウダーファンデーションで軽く

ベース選びに悩む人も多いでしょう。肌の粗を隠そうとカバー力の強いものを使ったら、厚塗りで不自然な肌になってしまった、なんて失敗もありがちです。美人に見えるためにはどんなベース選びをしたらいいのでしょうか。

カマンベール☆はる坊さん「“美人に見える”がテーマですので、ベースはツヤやマットなどにこだわらず、薄ければいいかなと思っています。

薄くするためには行程を少なくすること。お手持ちの日焼け止めを塗って、その後にコーセー ヴィセ  リシェ ルース ヌーディフィニッシュを塗ってみてください。

インテグレートからもビューティーフィルターファンデーションが出ていますが、そちらは色が2色しかありません。この2色でも大丈夫という方はそれでもかまいませんが、ヴィセは4色あるので、より自分の肌の色に合ったものを選べると思います。

ベタつかないのでメイク直しもしやすく、時短にもなります」

これから汗をかく季節になりますが、ベースが薄いとメイク崩れが気になることもなさそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます