ナイロンの新作は、冷酷奇妙なサラリーマン喜劇!?

2014.9.26 20:10配信
ナイロン100℃『社長吸血記』 撮影:引地信彦 ナイロン100℃『社長吸血記』 撮影:引地信彦

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)率いるナイロン100℃の新作公演、42nd SESSION『社長吸血記』が9月26日(金)に開幕した。

ナイロン100℃『社長吸血記』チケット情報

舞台は、とある会社のオフィスが入るビルの屋上。昼休み、さびれた屋上で、たわいもない話に花を咲かせる社員達。室長の目崎(三宅弘城)、黛(大倉孝二)、黛の妹ミミ(鈴木杏)、道下(かもめんたる岩崎う大)、ひと癖ある社員達に加え、警察官の森(みのすけ)も交じり、皆どこか呑気な様子。この会社の社長がある日忽然と失踪した、という事実以外は、どこの会社にもありそうな日常のひとコマだ。そこに、先日自殺した社員の妻が目崎を訪ねてくる。社長の失踪を追う山内圭哉扮する自称“良い探偵”も登場し、話は思わぬ方向に展開していく……。

不穏な空気が漂うが、ひと筋縄では行かないのがKERAの舞台。今回の作品では、KERAの演劇的な挑戦として、彼自身にとっても未知なる手法を取り入れている。不条理的会話劇と日常的会話劇が交互に混在し、異なる風合いのシチュエーションが並立的に展開される。観客は現実と不可思議な世界との狭間に漂うことだろう。

今回の公演には、三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美、といった劇団の核となるメンバーが集結し、さらに、鈴木杏、本格的な演劇に初出演となるお笑いコンビ「かもめんたる」の岩崎う大、槙尾ユウスケ、そして、山内圭哉というバラエティに富んだ客演を迎え、実力派のキャスト陣により、KERAの真骨頂ともいえる“会話の妙味”が存分に楽しめる、唯一無比の作品に仕上がっている。不可思議で濃密、飽きさせない2時間25分。

ナイロン100℃は来年12月、10年前初演し好評を博した『消失』(2004-2005年)の再演を発表した。こちらにも期待が集まるが、ナイロン100℃での新作公演は、『社長吸血記』を逃すと、しばらく観ることはできない。是非この機会を逃さず、進化を続ける劇団の「今」を目撃して欲しい。

9月26日(金)から10月19日(日)まで東京・本多劇場にて。その後、福岡、大阪、新潟でも公演。チケット発売中。東京公演の当日券は各回開演の1時間前より本多劇場窓口にて販売予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング