絶対通いたくない!? 東京ディズニーリゾートのパーク内にある「歯医者」3つ

2014.10.6 10:30

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーには、作り込まれた街並みの中に、3件の歯医者が存在しています。思わずニヤリとしてしまうような、小さなジョークを紹介します。

©Disney

東京ディズニーリゾートの2つのパークの中には、魅力的なアトラクションやショーはもちろんの事、様々なサービス施設があります。

そんな中、実はこのリゾート内に、人知れずひっそりと「歯医者が3つも存在している」のです。意外に知られていない? 驚きの事実に迫ります。

 

残念ながら治療はしてくれないけど…ジョークが隠れている歯医者

パークの中にある「3つの歯医者」……と、言っても、これは残念ながら私たちを実際に治療してくれる「本物」の歯医者ではなく、パーク内の風景を演出してくれる物語のひとつとして存在する看板だけの歯医者なのです。

「なーんだ! つまらない!」と思われるかもしれませんが、単なる看板だけでなく、そこには思わずニヤリとしてしまう様な隠れた小さなジョークがあるのです。

 

1. これは有名! ウエスタンランドにある「痛くない歯医者」

©Disney

ディズニーランドの歯医者……と、聞いて「あ! あそこの事だ!」と、すぐにその場所が思い浮かぶ方も多いと思います。

そうです。いちばんわかりやすい歯医者と言えば、ディズニーランドのウエスタンランド。ここはアドベンチャーランドとの境に位置する場所で、飲料の自動販売機の近くです。

 

©Disney

この建物には「歯」の形をした看板が掲げられており、さらに、「Painless Dentist」と書かれています。

これは「痛くない歯医者」の意味。一見、これは頼もしい歯医者! と思いますが、このウエスタンランドは西部開拓時代(1860年代~1890年)が舞台。

現代の様に麻酔も発達していない今から約150年も昔の話ですから、「痛くない」はちょっと大げさに言い過ぎの看板……と言えるジョークなのかもしれませんね。

 

©Disney

さらにこの看板に書かれた先生の名前は、「Dr.I.Teethe」ですが、この「Teethe」とは、「歯が生える」といった意味もあるのです。なかなか歯医者が天職の先生なのかもしれません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント