今年もMWC上海が開幕した上海新国際博覧センター

【上海発】アジア最大のモバイル通信関連展示会「Mobile World Congress Shanghai 2018」(MWC上海)が6月27日、中国・上海の上海新国際博覧センターで開幕した。地元中国の通信機器ベンダーや携帯電話会社を中心に、アジア太平洋地域でモバイル関連のビジネスを展開する多くの企業が最新の製品やサービスを出展した。会期は29日まで。

モバイル通信の展示会では、毎年2月にスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress」(MWC)が世界最大の規模を誇るが、MWC上海はそのアジア版。前身のイベント「Mobile Asia Expo」から数えると、上海での開催は今回で7回目となる。昨年は100か国以上から6万7000人あまりの業界関係者が参加した。

今年は、6月14日に次世代通信規格「5G」の仕様策定が完了した直後の開催となり、5Gネットワークと、それと密接に関連するIoTおよびAI技術、スマートホームなど将来の通信サービスに関する展示が多い。インフラ系の展示が中心だが、スマートフォンなどの通信端末やVRなどコンシューマ向けの製品も一部出展されている。

また、イランへの製品輸出をめぐって米国から制裁措置を受け、一時事業停止の状態になっていたZTEは、今回は出展を見送ったもよう。案内図にはZTEの区画が用意され、会場の通路などでは広告が展開されているが、ブースが本来設営されているはずの位置には椅子やテーブルが並べられ、来場者用の休憩スペースとなっていた。(BCN・日高 彰)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます