田臥らが集結! NBLまもなく開幕!

2014.10.6 19:30配信
NBL全13チームの代表選手が一堂に会した NBL全13チームの代表選手が一堂に会した

10月3日・都内にて、10月10日(金)に開幕する『NBL 2014-2015シーズン』の開幕記者会見が行われた。田臥勇太(リンク栃木ブレックス)や川村卓也(和歌山トライアンズ)ら、錚々たる顔ぶれが揃った。

NBL2014-2015 チケット情報

新規参入の広島ドラゴンフライズを加えた全13チームで行われる今シーズンは、イースタンカンファレンスとウェスタンカンファレンスの2カンファレンス制でレギュラーシーズンを戦う。プレーオフ出場枠は、昨季の6チームから8チームへと変更。各カンファレンスから上位3チームと、所属カンファレンスに関係なく勝率上位2チーム(ワイルドカード枠)がプレーオフに進出する。

開幕戦をホームで戦う、2013-2014シーズン覇者・東芝ブレイブサンダース神奈川は、リンク栃木を迎え撃つ。昨季のメンバーが基盤となる今季について篠山竜青(東芝神奈川)は「東芝の歴史の中で、ディフェンスは重要視する部分であり、ストロングポイントとしてあげる部分。そういう面で連携、厚みというところはさらに良くなっている」とチーム状況を語り、「今年も一番上を目指してやるのはもちろんだが、しっかり足元を見て一日一日の練習・準備を大事にしたい。結果は後からついてくる」と続けた。

高校時代以来のキャプテンに就任したリンク栃木・田臥は、「昨シーズンはプレーオフで負けてしまったので、その悔しさを晴らすためにも、もう一度プレーオフに出てチームで優勝を目指したい」と意気込んだ。また、タイトルを獲得した『JBL2009-2010シーズン』以来5季ぶりに復帰したトーマス・ウィスマンHC(ヘッドコーチ)の戦術について「フルコートを使ってディフェンスもオフェンスも全員で頑張るスタイル。そのスタイルは変わっていないし、さらに厳しくなっている」と印象を語った。個人の目標についての問いには、「まずは毎試合出場。その中で自分が良いパフォーマンスを見せればチームの勝利につなげられる」とあくまでチーム第一の姿勢を見せた。

昨季を準優勝で終えた和歌山は、開幕戦で熊本ヴォルターズと対戦。主将・川村は「去年は青野(文彦)さん、永山(誠)さん、木下(博之)さんという3人のベテランがいた中でうまくチームが機能していた。3人が抜けた穴が現段階でチームでの大きな問題だが、メンタル面でも引っ張って行けるように強い気持ちを持って戦っていきたい。コート内外、川村卓也らしくチームを引っ張っていきたい」と気を吐いた。

一方、キャプテン・小林慎太郎(熊本)は「規律あるバスケットを重んじる監督で厳しさもあるが、オンとオフがしっかりしている。選手一人ひとりを尊重してくれるので非常にやりやすい。チームとして、清水(良規)HCのバスケットを浸透させるために精一杯頑張っている」とコメントした。

10月10日(金)・東芝ブレイブサンダース神奈川×リンク栃木ブレックス・川崎市とどろきアリーナを皮切りに、『NBL 2014-2015シーズン』がいよいよ開幕する。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング