ユーミン主演舞台で泣かせる自信「バスタオルが必要」

2014.10.9 13:00配信
会見より。左から、渡部豪太、福田沙紀、比嘉愛未、松任谷由実、藤真利子、石黒賢、松任谷正隆 会見より。左から、渡部豪太、福田沙紀、比嘉愛未、松任谷由実、藤真利子、石黒賢、松任谷正隆

松任谷由実と“演劇”がコラボする舞台、『ユーミン×帝劇 Yuming sings...「あなたがいたから私がいた」』が10月8日、東京・帝国劇場にて開幕した。初日に先立ち7日、公開通し稽古とキャストによる会見が開かれた。

「あなたがいたから私がいた」チケット情報

作品は幼なじみ3人の恋と友情を軸に、戦時中と現代を行き来する物語。いずれも帝国劇場初出演となる比嘉愛未、福田沙紀、渡部豪太の3人が過去の切ない純愛物語を演じ、石黒賢、藤真利子らが少しミステリアスな現代の物語を紡ぐ。それらの登場人物の言葉にならぬ胸のうちや情景を代弁するかのように、『ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ』『守ってあげたい』『ハルジョオン・ヒメジョオン』といったユーミンの名曲の数々が歌われ、物語を優しく包む。ユーミンの楽曲と物語が呼応し、感動が増幅される作品になっている。

脚本・演出は松任谷正隆。ユーミンと帝劇のコラボは2012年に続き2回目となるが、「俳優の皆さんが、台本を書いた時の僕のイメージの10倍は良い」と今作の手応えを語る。ユーミンも「(前作では涙を拭うハンカチが必要と話したが)今回はバスタオルが必要。夫のことで何なのですが、すごい進化している、どこにこんな脚本を作る才能があったんだろうと思いました」と“感動大作”の出来に太鼓判。さらに「俳優の皆さんが毎回お稽古でもアプローチを生き物のように変えていて、しかもその都度泣けちゃう。一緒にステージに立って歌っていても手応えを感じています」と充実の表情を見せた。

ユーミンとW主役を務める比嘉は「演劇の殿堂である帝国劇場で、ユーミンさんと共演する。稽古の段階からすごく緊張して震えが止まらなかったのですが、今は同じ舞台に立てることが幸せで胸がいっぱいです。もしかしたら自分が表現しきれない部分があっても、由実さんの歌声、楽曲が世界観を広げてくれる」と話し、音楽と演劇のコラボたる本作を楽しんでいる様子。福田も「本当に素敵な作品と歌声で、客席が素敵な愛で包まれると思います」、渡部も「稽古期間中も由実さんの歌声にずっと聴き惚れていました。本番でもたくさんの人と一緒に感動したい」と語り、キャストそれぞれが作品に惚れこんでいるのが伝わってくる会見だった。

公演は10月31日(金)まで、東京・帝国劇場にて上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング