ジェイアールバス東北が「POCKETALK」を採用

ソースネクストは、ジェイアールバス東北の運営する仙台市発着の定期観光バスの接客ツールとして、IoT通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」が採用された。ジェイアールバス東北では、7月1日に利用を開始する。

仙台市の調査では、2017年に外国人観光客における仙台市内の宿泊者数が前年比131%の16万人を突破。年を追うごとに増加しているという。ジェイアールバス東北では、顧客満足度の向上、乗務員・バスガイドと外国人客の言葉の壁によるコミュニケーションの負担を軽減するためにPOCKETALKを採用した。POKETALKは、世界63言語で互いに相手の国の言葉を知らなくても対話ができる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます