吉田監督が中島健人主演作『銀の匙』を語る

2014.10.16 17:13配信
吉田恵輔監督

人気コミックを映画化した『銀の匙 Silver Spoon』がBlu-ray&DVDで登場。中島健人を主演に迎え、農業高校を舞台に酪農の現場と青春を描いたのは『純喫茶磯辺』『麦子さんと』などの俊英・吉田恵輔監督。これが初の原作モノだ。「もともとこの原作が好きなので、削ぎ落とす作業は難しかったけれど、酪農の世界観と主人公の成長物語に集約した」という監督に話を聞いた。

その他の写真

逃げるようにして、進学校から大蝦夷農業高校に入学してきた八軒(中島)。将来への目標や夢がはっきりしている同級生たちに比べ、八軒は酪農への知識ゼロ。当然、実習も初めて尽くしで…。「八軒って逃げてきたというわりには、逃げてきたヤツの行動じゃなくて、どんどん溶け込んでいくんです。物語が暗くならないのは、八軒が決して卑屈にならないから。変な言い方だけど、正しい逃げ方をしてるんです」。

やがて八軒の表情は最初のそれとはまるで違ったものになっていく。「そうですね。そこにほとんどのエネルギーを注いだといってもいいので。ただ別に大したことを成し遂げているわけではないんですよ。いろんな人や動物に出会ったり、そこで過ごした日々自体が彼にとっては大事なんです」と監督。また定番の主人公とは一線を画しているとも。「本来、主人公というのは能動的で、特にクライマックスはメインに立って何かをするものだけど、八軒がやっているのは頑張っているヒロインや友人の“応援”。かえって斬新(笑)。でもメインに立てる人ってそうはいないじゃないですか。目立つ存在じゃなくても、そいつにはそいつなりの人生がある。そこの素晴らしさがちょっと見えればいいかなって」。

演じた中島は初めこそ本人のキラキラ感が出てしまっていたそうだが、徐々に八軒のキャラを体に染み込ませていった。「健人はすごく前向き。できないことがあると逆に燃えるタイプで、何でも楽しんで取り組む。プレッシャーを感じそうなときでも『ヨッシャー!やってやる!』って(笑)。その辺のムードメーカーぶりはDVDのメイキングでも分かると思いますよ」。

『銀の匙 Silver Spoon』
Blu-ray&DVD発売中

取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング