翻訳劇の名作からオリジナルのダンスショーまで、毎年さまざまな舞台に主演し、着実に力をつけてきているふぉ~ゆ~。最近ではソロでの俳優活動も目立ってきた松崎祐介、越岡裕貴、辰巳雄大、福田悠太の4人がこの夏、1990年代の小劇場ブームを牽引した劇団カクスコの代表作、『年中無休!』に揃って挑む。物語の舞台は、下町のリサイクルショップ朝日堂。社長と社員たちの冴えなくも愛おしい日常がオムニバス形式で綴られるこの作品に、人情の街・北千住のシアター1010はいかにもぴったりだ。同劇場にて6月25日に製作発表が行われ、キャスト6名と演出のウォーリー木下、そしてカクスコ主宰の中村育二が顔を揃えた。

【チケット情報はコチラ】

カクスコでは作・演出を務めながら出演もしていた中村は、「自分がやっていた芝居をもう1度、しかも客観的に観られるのが楽しみで仕方ない。いちばん観たがってるのは僕」と期待感を露わに。木下は、当時の舞台を観ていつかやりたいと思っていたことを明かし、「色々な演劇を観たなかで、演技を全くしてないような演技に演劇の可能性を感じた。それをふぉ~ゆ~にも感じてほしくて」と同作を選んだ理由を説明した。かつて中村が演じた社長役を務める大高洋夫は、「僕だけ名前に“ゆう”がつかない。“洋”が音読みだと似てるってことで僕になったみたいです」と話して笑わせ、副社長役の八十田勇一は「ふぉ~ゆ~の代表作になるようバックアップできれば」とコメント。

ふぉ~ゆ~は、「台本を読んで僕そのものの役だと感じました!」(松崎祐介)、「パフォーマンスも取り入れてふぉ~ゆ~ならではの『年中無休!』に」(越岡裕貴)、「(前日のサッカー日本代表の試合を引き合いに)ふぉ~ゆ~ハンパないって言われたい!」(辰巳雄大)、「不安はありますがここは強気に、当時のカクスコを越える勢いでやらせていただきたい」(福田悠太)とそれぞれ語ったあと、フリップを使った作品紹介にもチャレンジ。「お品書き」と書かれたフリップをめくりながら、カクスコの名物だったアカペラ歌唱に挑戦することや、新たにストンプや映像マッピング、さらには得意のダンスパフォーマンスも取り入れることなど、現時点での構想を明らかにしていく。

あくまでまだ構想段階で、すべてが実現するとは限らないようだが、アカペラ稽古は既に始まっているとのこと。そんな話の流れから、福田が「せっかくなので今やりましょう」と言うと、6人が立ち上がってマイクの前に立つ展開に。結局は、ベース担当の八十田の合図でイントロだけが披露されたところで、大高が「もういいもういい、あとはお金を払っていただいて(笑)」とオチを付けるという“ネタ”だったのだが、そのやりとりには、どこかカクスコ本家を彷彿とさせる心地良さがあった。カクスコらしさとこの6人らしさが掛け合わされた、装い新たな『年中無休!』の誕生に期待が高まる。

公演は7月26日(木)から8月6日(月)まで東京・シアター1010で上演。その後、大阪、神奈川、愛知を巡演。チケットは発売中。

取材・文:町田麻子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます