武井咲が映画『クローバー』で大倉忠義と共演。

2014.10.29 10:29配信
『クローバー』に出演した武井咲

新人OL・沙耶役の武井咲と、ドSの上司・柘植(つげ)役の大倉忠義(関ジャニ∞)が禁断のオフィスラブを展開! 幅広い層から支持を受ける少女コミックを実写映画化した『クローバー』で主演を務めた武井が、オフィスラブへの憧れから、女優としての変化までを語った。

その他の写真

「中高生にはまだ早いんじゃないかと思うような場面もある、大人っぽい少女漫画」と原作の印象を語る武井。沙耶と柘植が務めるのは美しいホテル。沙耶は「バカ!」「お前の脳ミソは犬以下だ!」と暴言を吐きまくる柘植から、突然交際を申し込まれ、そのツンデレぶりに振り回されていく。役柄とはいえ、初めて体験したオフィスラブ。「やっぱりトキメキますよね。憧れます」と明かしつつ、「でも私は分かりやすい人が好きなので、柘植さんのようなタイプは難しいかな。あんなに怒られたりしたら、『別れてやる!』とかって言っちゃうかも(笑)」と本音も。

監督は『今日、恋をはじめます』でも組んだ古澤健。約2年ぶりの仕事だが、二十歳になり「監督やスタッフからは大人っぽくなったねと言われました。何があったの?なんて言われもしましたけど、何もなくて(笑)。ただ私自身の映画への向き合い方は変化していると思います」と告白。

武井の自然な演技から生まれた印象的なシーンがある。中華街でのWデートで、柘植の誕生日が過ぎていたことに気づいた沙耶がプレゼントを買いにひとりで離れ、柘植を怒らせてしまう。「柘植さんがすごく怒っていて、とっさにプレゼントを後ろに回して隠したんです」。ここは多くの女性が、そうだよねぇ、そうしちゃうよねぇと、切ない気持ちになること請け合い。かなり踏み込んだラブシーンも登場。だが武井に迷いはなかった。「とても大事なシーンだと思いましたし、撮影方法でごまかすというのは嫌でした。恋愛していたら当たり前のことだと思うので、ごく普通のシーンとして捉えて演じました」。本編もさることながら、変化し続ける武井の魅力にも気づかされる作品だ。

『クローバー』
11月1日(土)公開※取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング