舞台初出演、山崎賢人が里見八犬伝の意気込みを語る

2014.11.4 19:30配信
囲み取材の模様 囲み取材の模様

10月31日に開幕した舞台『里見八犬伝』の囲み取材と公開ゲネプロが10月30日、東京・新国立劇場 中劇場で行なわれ、主演を務める山崎賢人をはじめ、村井良大、馬場良馬、荒井敦史、高杉真宙、演出を務める深作健太らが出席した。

『里見八犬伝』 チケット情報

同作は江戸時代後期に、滝沢馬琴によって綴られた大長編小説が原作。2012年に初演され、好評を博し、今回再演にあたってキャストや演出が一新されている。

主演を務める山崎賢人は今作が舞台初出演。同作の手応えについて聞かれると「手応えは・・・あります」と緊張しながらひと言。見かねた周りのキャストから「チームワークは?」と助け舟が出ると「チームワークは雰囲気を見ていただいた通り凄く良いです。初めてなので皆さんに助けてもらいながら頑張っていきたい」とコメント。また、初演にも出演している村井と高杉は「前回とは内容もセットも変わって、新たなスケールで描かれた作品なので、ほとんど別作品と言って良いと思います」(村井)「前回とは役柄が変わって、八犬士のひとりを演じるという事でプレッシャーも大きいですが、必死に追いついていこうと思っています」(高杉)と前回との違いを語った。

同作はキャスト全員で行なう大立ち回りが見所のひとつ。殺陣の出来について山崎は「イチから始めて、最初は全然できませんでした。ただ、稽古をつけていただいているうちに、殺陣の奥深さに触れることができたような気がします。(劇中では)かなりぶった斬っているので、成長した姿を見に来て欲しいですね」と話した。

演出を務める深作健太は「魅力的なキャストが集まりました。主演の山崎くんをはじめ、キャストの結束力は凄いです。ぜひ出演者の皆さんには化けていただいて、日本中元気になるような里見八犬伝を作れたらなと思っています。ぜひ劇場に足を運んでください」と意欲を見せた。

舞台『里見八犬伝』は11月17日(月)まで東京・新国立劇場 中劇場、22日(土)・23日(日)に大阪・シアターBRAVA!にて上演。その後、高松公演、北九州公演を経て、12月6日(土)の千葉県南総文化ホール 大ホールにて大千秋楽を迎える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング