ティアック、ハイレゾ音源の入力に対応したマイクロコンポーネントシステム「HR-S101」

2014.11.13 16:22配信
HR-S101

ティアックは、ハイレゾ音源の入力に対応したマイクロコンポーネントシステム「HR-S101」を、12月上旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万6000円前後の見込み。

USB入力を備えたD/Aコンバータを搭載し、PCM 192kHz/24ビットのハイレゾ音源の入力ができるマイクロコンポーネントシステム。

アルミ製のコンパクトな本体に、26W+26WのクラスDアンプを備え、PCからUSB経由でPCM 192kHz/24ビットのハイレゾ音源を入力できる。上位機種も採用しているアシンクロナスモードやアップコンバージョンなどの機能を搭載し、CD品質の音をハイレゾレベルで楽しめる。

音声入力端子は、USBに加えて光デジタル入力×2、アナログライン入力×1を備え、aptX方式のBluetooth入力によるワイヤレス音楽再生に対応する。

D/AコンバータにはBurrBrown PCM1796を採用。DSP処理によるHRラウドネス回路を搭載することで、小型スピーカーながらワンサイズ上のスピーカーに迫る迫力あるサウンドを再生する。

このほか、アクティブ・サブウーファーが接続できる端子や、デジタル入力信号の有無で自動的に電源をオン/オフするオートパワーセーブ機能を搭載。テレビでも手軽に高音質の2.1chサウンドを楽しめる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング