四季新作『アラジン』オーディションに芋洗坂係長ら

2014.11.18 18:10配信
ジーニー役でオーディションに挑んだ芋洗坂係長 ジーニー役でオーディションに挑んだ芋洗坂係長

来年、劇団四季が上演することを発表している新作ミュージカル『アラジン』。この出演者を決めるオーディション本選が11月17日・18日と2日間かけて実施され、本選1日目の11月17日の様子が報道陣に公開された。

『アラジン』は1992年公開の劇場版長編アニメーションをもとに創作されたミュージカル。砂漠の王国に住む青年アラジンと、その王国の姫ジャスミンの恋模様を軸に、ランプの精ジーニーや数々の魅力的なキャラクターが絡む、冒険とロマンスの物語だ。ディズニーにとっては今年3月にブロードウェイで開幕したばかりの最新ヒット作であり、劇団四季にとっては『美女と野獣』『ライオンキング』『アイーダ』『リトルマーメイド』に続く、ディズニーとの提携作品第5弾になる。

今回のオーディションはメイン、アンサンブル全キャストを、劇団員に限らないオープンオーディションとして公募。約1500通の書類応募があり、書類審査の結果約500名が合格、さらに予備審査を通過したキャスト候補者がこの日の本選に挑んだ。アラジン役・ジーニー役に参加したのは、それぞれ7名。四季の代表作・話題作で重要な役柄を務めている主役級の俳優たちがずらりと顔を揃える中、異彩を放っていたのが、外部受験者としてジーニー役候補に残ったタレントの芋洗坂係長、同じくタレントで元力士の大至。オーディションを終えたふたりはそれぞれ「知人にそそのかされて受けました。ですが、四季に乗り込むにはまだ早かった、特に歌唱ですね。出来は70点くらい。でもディズニーの審査員の方々に笑ってもらえてよかったです」(芋洗坂係長)、「大きくてコミカルで、ジーニーは魅力的なキャラクター。知人のすすめもあって受けました。大変緊張しましたが、土俵に向かう気持ちで臨みました」(大至)と心境を話した。

すべての合否結果は後日発表とのこと、続報を待ちたい。『アラジン』は2015年5月24日(日)に東京・電通四季劇場[海]にて開幕予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング