欧州連合(EU)の欧州委員会は7月18日、GoogleがEUの独占禁止法に違反しているとして、43億4000万ユーロ(約5700億円)の制裁金を科すと発表した。 今回違反とされた行為は、Googleが、スマートフォンなどのデバイスメーカーに対して、同社の検索アプリやブラウザをあらかじめインストールしておくよう要求していたこと。また、同社が承認しているOS「Android」の搭載を、アプリストア「Google Play」を利用するための条件としてあげていたこと、などだ。

欧州委員会は、Googleが、欧州で約8割のシェアを占めるAndroidの立場を利用して他社の事業を妨げており、競争を阻害していると判断した。90日以内に違反とされる行為を停止しなければ、Googleの親会社アルファベットの全世界での売上高の最大5%を追加で科すという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます