衝撃作『フォックスキャッチャー』特報映像が公開

2014.11.27 12:14配信
『フォックスキャッチャー』 Photo by Scott Garfield (C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1996年に全世界を震撼させたデュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化した『フォックスキャッチャー』の特報映像が公開になった。人間の歪んだ心理を重厚に描き出した作品で、カンヌ映画祭で監督賞を受賞。本年度のアカデミー賞でも有力候補の声があがっている。

特報映像

本作は『カポーティ』で実在の作家トルーマン・カポーティを描いて故フィリップ・シーモア・ホフマンにオスカーをもたらしたベネット・ミラー監督の最新作。デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指すレスリングチーム“フォックスキャッチャー“の結成計画を持ちかけられたメダリストのマークとその兄の孤独、富と名声への欲望が鮮烈に描かれる。コミカルな演技でも人気を集めるスティーヴ・カレルがメイクで別人かと思うような風貌に変身して、シリアスな演技でジョン・デュポンを演じるほか、マーク・ラファロとチャニング・テイタムがメダリスト兄弟を演じる。

ミラー監督は撮影前から徹底的に準備を重ねていたそうで、テイタムらには撮影前に実在の人物の人生に没入する時間を与えた。中でもカレルは監督から手渡された200時間にもおよぶデュポン関連の映像を研究し、“鼻”を特殊メイクでつけてデュポンになりきった。その演技はすでに高評価を集めており、カレルを本年度のオスカー受賞候補にあげるジャーナリストや評論家は多いという。

『フォックスキャッチャー』
2015年2月14日(土)、新宿ピカデリーほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング