あの『デスノート』が世界初のミュージカルに!

2014.11.10 20:40配信
会見より。左から、浦井健治、小池徹平、柿澤勇人 会見より。左から、浦井健治、小池徹平、柿澤勇人

人気漫画『DEATH NOTE』が世界で初めてミュージカル化される。音楽・脚本などをブロードウェイの一流のクリエイターが手掛け、日本から世界に発信していく一大プロジェクト。11月10日、製作発表が開催され、夜神月役をWキャストで務める浦井健治、柿澤勇人、L役の小池徹平らキャスト陣と、作曲家のフランク・ワイルドホーンらクリエイター陣が意気込みを語った。

『デスノート』THE MUSICAL チケット情報

物語は、ひとりの天才少年・夜神月が、名前を書いた人間を死なせることができる“死神のノート”を手に入れたことから始まる。そのノートによって犯罪者を裁き、理想の世界を作ろうとする月と、月を捕まえようとする名探偵・Lが繰り広げる心理戦が描かれていく。原作漫画は世界で3000万部を超える発行部数を誇り、2006年に公開された映画版も大ヒットした。演出を手掛ける栗山民也は「漫画の第1章は『退屈』というタイトルがついています。退屈の中から大いなる欲望が生まれてくる、ものすごく“現代”をテーマにした作品だと思った。しかも、ストレートプレイならなんとなく予想はつくけれど、この漫画をミュージカルにする。逆にそこに、とても期待しています」と、自身も楽しみにしている様子。

また、『ジキル&ハイド』『スカーレット・ピンパーネル』など数々の世界的ヒットミュージカルを生み出しているフランク・ワイルドホーンは「私には息子がふたりいて、ふたりとも日本文化にすごく興味があり私以上によく知っています。この話を頂いたとき、息子にどう思うか訊いたところ「お父さん、どんな仕事を差し置いてもこれはぜったいやるべきだよ、こんなにクールでかっこいい作品はないよ!」と言われました」というエピソードを明かした。

月役を演じる浦井と柿澤は、ともにミュージカル界を代表する若手実力派。浦井は「自分も原作の一ファン。お話をいただいた時は、ガッツポーズと同時に、世界中のファンのみなさんがこのキャラクターを愛しているが故のプレッシャーを感じました」とその重みを噛みしめる。柿澤は「映画で月を演じた藤原竜也さんにご挨拶に伺いました。頑張れよ、楽しんでこいよという言葉を頂きましたが、帰り際に「なんで俺がキャスティングされないんだよ」と仰っていました(笑)。原作ファン、映画ファンの皆さまに「やっぱり藤原竜也の方が良かった」と言われないよう、漫画、映画、アニメの想像を超えるような夜神月を作りたい」と意気込みを語った。

キャストはほかに、死神レム役に濱田めぐみ、死神リューク役に吉田鋼太郎、弥海砂役に唯月ふうか、夜神粧裕役にSUPER★GiRLSの前島亜美。さらに月の父・夜神総一郎役は映画に引き続き鹿賀丈史が演じる。

公演は2015年4月6日(月)から29日(水・祝)まで、東京・日生劇場にて。その後大阪・名古屋でも上演される。また来夏には日本版と同じ演出で、韓国で韓国人キャストによる上演も決定しているとのこと。海外進出も視野に入れた日本発の新たなコンテンツの誕生に期待したい。

★以下のリンクより「デスノート」をお気に入り登録してチケット情報をゲットしよう!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング