ジャズ好きも高評価!スウェーデン映画に高い満足度

2014.12.1 16:52配信
『ストックホルムでワルツを』

「ぴあ」調査による2014年11月28日、29日のぴあ映画初日満足度ランキングは、実話を基に電話交換手から世界的ジャズシンガーになったひとりの女性の半生を描いた『ストックホルムでワルツを』がトップに輝いた。2位にコミック『ゆるゆり』に基づくアニメーションの劇場版『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』が、3位に岩明均の人気コミックを染谷将太主演で映画化した『寄生獣』が入った。

その他の写真

1位の『ストックホルムでワルツを』は、スウェーデン出身でモダンジャズ全盛期に人気を博したシンガー、モニカ・ゼタールンドの実話を映画化したヒューマンドラマ。観客からは「ひとりの女性が紆余曲折ありながらも、一歩一歩踏みしめていく姿がよかった」「音楽と衣装に60年代の雰囲気が良く出ている。サントラを買いたくなるくらい素晴らしい音楽で、多幸感を味わった」「挫折しても何度も希望を持って向かっていく主人公の姿に感動。人生における“喜び”について描いた作品」「ジャズ好きとして、音楽だけでなく、ストーリーも楽しめたので大いに満足」「親子関係、恋愛などさまざまな愛が描かれていてよかった。60年代のジャズが懐かしく自分の青春時代を思い出した」など、20代から70代までの観客から支持を集めた。

2位の『ゆるゆり…』は、人気コミック『ゆるゆり』に基づくテレビアニメーションの劇場版。仲良しの女子中学生4人組が巻き起こすひと夏の騒動が描かれる。出口調査では、「原作とオリジナル部分がうまく合わさっていて深みがあった。メインキャスト以外にもスポットを当てていて笑える要素が増えた」「映画ならではの設定がいい。アニメ版にはないアクティブな感じの動きが可愛くて、オープニングとエンディングの映像が特によかった」「何度も笑ってしまった。大きなスクリーンで画質も音質も良い環境で観るといつも以上に楽しめる」「劇場版は作画がレベルアップしていて満足。内容も濃くて、キャストの演技もよかった」などの感想が寄せられた。

(本ランキングは、11月28日(金)、29日(土)に公開された新作映画6本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

(C)StellaNova Filmproduktion AB, AB Svensk Filmindustri, Film i Vast, Sveriges Television AB, Eyeworks Fine & Mellow ApS. All rights reserved.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング