NY映画批評家サークル賞に『6才のボクが…』

2014.12.2 15:13配信
『6才のボクが、大人になるまで。』(C)2014 boyhood inc./ifc productions i. L.L.c. all rights reserved.

ニューヨーク映画批評家サークル賞が発表された。作品賞に輝いたのは、リチャード・リンクレイター監督の『6才のボクが、大人になるまで』。作品賞のほか、監督部門(リンクレイター)、助演女優部門(パトリシア・アークエット)でも賞を獲得した。

その他の画像

主演男優賞は、『Mr.Turner(原題)』のティモシー・スポール。スポールは5月のカンヌ映画祭でも男優賞を受賞している。主演女優賞は『エヴァの告白』『Deux jours, une nuit(原題)』のマリオン・コティヤール。助演男優賞は『Whiplash(原題)』のJ・K・シモンズ。アニメ部門は『LEGO(R)ムービー』が受賞した。主な受賞結果は以下のとおり。

作品賞:『6才のボクが、大人になるまで。』
監督賞:リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』
脚本賞:ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル』
主演男優賞:ティモシー・スポール『Mr.Turner(原題)』
主演女優賞:マリオン・コティヤール『エヴァの告白』『Deux jours, une nuit(原題)』
助演男優賞:J・K・シモンズ『Whiplash(原題)』
助演女優賞:パトリシア・アークエット『6才のボクが、大人になるまで。』
外国語映画:『Ida(原題)』(ポーランド)

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング