『スター・トレック3』の監督が降板!

2014.12.8 15:3配信

『スター・トレック3』の監督に決まっていた脚本家ロベルト・オーチーが、降板したことがわかった。オーチーはJ.J.エイブラムスが監督した『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の脚本を共同執筆し、この3作目の脚本も手がけている。

エイブラムスが『スター・ウォーズ/エピソード7』の監督をするため、3作目はプロデューサーだけにとどまることに決まった時、シリーズに最初から深く関わっていたということで、オーチーに白羽の矢が当たった。降板の理由はわかっていない。

『スター・トレック3』は2016年北米公開予定。2009年に公開された1作目は全世界で3億8500万ドル、2013年公開の『…イントゥ・ダークネス』は4億6700万ドルを売り上げている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング