映画『マイウェイ』で怪演! 山本太郎が映画の真髄をアツく語る

2012.1.27 18:45配信
映画『マイウェイ 12000キロの真実』について熱く語る山本太郎

韓国では2005年に公開された『私の頭の中の消しゴム』以来の動員を記録、日本でも初登場で第3位の成績を記録した映画『マイウェイ 12,000キロの真実』。本作で凶暴な日本軍曹長役を演じた山本太郎が舞台挨拶に登壇し、自らの役と映画について語った。

その他の写真

オダギリジョーとチャン・ドンゴンを主演に、日本、ソ連、ドイツ3つの軍服を着た東洋人が過酷な旅を生き抜く姿を描いた本作。山本が演じるのは、オダギリ扮する長谷川辰雄が率いる日本軍守備部隊の曹長・野田役だ。

この日登壇した山本は“戦争に翻弄された哀しき曹長”と形容される彼の人物像について「権力がある時は弱き者に不当な扱いをし、立場が逆転すると手の平を返すような人間」と分析。さらに「日本人の悪を集約したような役で、はじめは引き受けたくなかった」と告白することから、過激な人物だということが分かる。

また、役作りをする上で、“野田とはどういう人間なのか?”を追及すべく、カン・ジェギュ監督と二人でバックグランドを作っていけたのが良かったという山本。その作業が役を引き受ける大きなきっかけとなったそうだが、そんな野田の生き様については「エゴの塊みたいな人間でも、どうしても生きたいという思いがあった」と捉えているという。さらに、「彼は(映画で描かれた)いろんな人間の一人。狂った時代にこそ、自分の心の中にある善的な部分と悪の部分、どちらをチョイスするかで結果が変わってくる。今の時代はそれが求められている」と持論を展開。最近では反原発運動で注目を浴びている山本だが、その時と同じような鋭さを舞台上でも垣間見せていた。

『マイウェイ 12,000キロの真実』

(C)2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET. ALL RIGHTS RESERVED

いま人気の動画

     

人気記事ランキング