【物産展】越前ガニ、焼きサバ寿司、ソースカツ丼(福井編)

2012.1.29 20:00

京王新宿店で開催中の福井の物産展レポート。越前ガニ、サバなど日本海の海の幸やご当地グルメのソースかつ丼、福井銘菓の水ようかんなど紹介します。

「福井県 越前若狭の物産と観光展」が1月26~31日まで、京王百貨店新宿店で開催されています。27日、取材に行ってきましたのでレポートします。


福井が誇る冬の味覚は数あれど、王者といえば越前ガニでしょう。若狭湾で穫れるズワイガニの雄は体が大きく、脚の身の量がたっぷり詰まっています。そのため越前ガニと呼ばれます。ゆでても、鍋に入れてもいいですけど、炭火で焼くのも美味いようです。

ショーケースに並んだそれは迫力のあるさまで、1杯10,000円、15,000円、18,000円の値段がついていました。

若狭湾の荒波にもまれて育った魚は身がしまっています。さばがよく穫れますが、傷みやすいため様々な形で保存されました。サバを使った郷土料理がいくつかあります。 

物産展でも常に人気という浜焼きサバ。穫れたてのさばを開いて内蔵を取りのぞき、竹串を刺して焼いたものです。食べ方はそのままほぐして生姜醤油でいただきます。日持ちは冷蔵保存で3~4日。ほぐし身をお茶漬けに入れてもおいしそうです。

田村長で販売の浜焼きサバは国産大1,575円、ノルウェー産大1,260円。

福井を代表する郷土料理の1つ、サバのへしこ。こちらはサバの半身で840円。

この日は、ぬかを洗い落として薄く切っていただきました。サバの旨味がぎゅっと凝縮して、しょっぱさ加減は酒のつまみに最高です。人々の知恵が詰まった保存食こそ、首都圏でも広まってほしいと思います。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング