トーマスとバスのバーティー|大井川鐵道 ※通常の走行コースではなく、特別に許可を得て撮影したものです。

本物の「きかんしゃトーマス」の蒸気機関車が走る、静岡県・大井川鐵道。バスのバーティーも走行しており、原作さながらにトーマスと競争を繰り広げています。

1回の定員がわずか16名(4〜5家族程度)と、激レア!バーティー車内の子どもたちは、「トーマスに負けるな!」と大興奮。

大井川鐵道のバスのバーティーの、貴重な乗車レポートをお届けします!

原作でのトーマスとバーティーの競争

トーマスとバスのバーティーの競争の物語は、TV版「トーマスとバーティーのきょうそう」や、DVD「きかんしゃトーマス 大井川鐡道特別豪華版 走れ! トーマス&バーティー」などで見られます。

バーティーは、調子が良く、ちょっと自惚れや。当初は、機関車を小馬鹿にしているようなところもありました。

トーマスを「雪で立ち往生した機関車」「乗客を助けたのは僕だ」とからかったため、トーマスが「君より速く走れるんだぞ」と負けん気を発揮し、競争することになります。

本物そっくり! 大井川鐵道のバスのバーティー

バスのバーティー|大井川鐵道「Day Out With Thomas 2018」

大井川鐵道のバスのバーティーは、普段私たちが目にしている路線バス等と比べると、かなり小ぶり。定員はわずか16名ですので、1回あたり4〜5家族程度しか乗れない計算になります。

運行日に、1往復しか走らず、シートは正真正銘の激レア!!

バスのバーティー車内|大井川鐵道「Day Out With Thomas 2018」

座席は、2人がけが4つ、1人がけが4つ、最後尾に4人がけが1つあります。

シートも小さめで可愛らしく、幼児連れの親子や、小学生2人にちょうどよいサイズ。

バスのバーティー車内|大井川鐵道「Day Out With Thomas 2018」

車内はもちろん、トーマスと仲間たちが盛りだくさん。

通過する大井川鐵道の駅が、ひらがなですべて掲示されているほか、シルエットクイズなどのちょっとした仕掛けも。

バスのバーティー車内で配布される、「おおいがわてつどう おたのしみブック」

バスのバーティー乗車記念に、「おおいがわてつどう おたのしみブック」が漏れなくもらえます。

中身は、大井川鐵道でトーマスの活躍する場面の写真集や、「おおいがわたんけんちず」。トーマスの仲間たちのシールも付いてきて、地図にぺたぺた貼って遊べます。

車内の詳細はぜひ、フォトギャラリーでチェックしてください。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます